The Danish Girl (リリーのすべて)を観て

the danish girl poster

You make me beautiful. 《君が僕を美しくさせてくれる》

女性としての人生を歩み始めようとするリリー(アイナー)が
妻であるにゲルダに放った言葉が胸にささった。

自分を受け入れ、理解し、優しく包んでくれようとするゲルダの存在が
どれだけの強さや輝きをリリーの人生にもたらしたか。

そして葛藤しながらも「リリーのすべて」を受け入れ、
心身ともに解放してあげようとするゲルダの勇敢さ、美しさにホロリ。

エディ・レドメイン演じる、リリーの可憐さ、透明感、はかない表情に
目を奪われたし、それ以上に、アリシア・ヴィキャンデル演じる
ゲルダの人間性、男前さにホレボレ。私は彼女に完全に感情移入した。

そんな二人の姿にグイグイと惹き込まれていったので
ベン扮するヘンリックが出てきたときには
「あっ!そーだった、ベンも出てたのでしたー」と、この映画を観る当初の目的は
どこへやら、いきなり変な違和感を感じてしまった中、当のベンも、
淡々と「そのまんまベン」な調子でちょっと肩透かし(笑)というか
彼の素が=役作りほぼナシ=、いい意味で出てた役だったような。
それはヘンリック同様、自分自身を堂々と受け入れ、オープンにしている自信が
見事に役に投影していたのかも。

実話を基にはしていても、1920年代という時代背景からして
映画では、かなり描写を端折ってるのではないか、
きれいに描きすぎてるのではないか。
アイナーとゲルダの心の葛藤や社会的な実情は、
もっともっと複雑だっただろうと想像。

自分らしく生きることの、葛藤、勇気、美しさ…。
愛にも色んな形があり、日々様々な愛が生まれ、愛の形も変化したりする。
リリーとゲルダが育んだ愛や生き様を
映画を通して少しでも触れることができて感謝。

henrik.jpg


lily elbe
Lili Elbe (Einar Magnus Andreas Wegener)

gelda.jpg
Gerda Gottlieb


The Lobster (directed by Yorgos Lanthimos)

the-lobster.jpg

Ben-Lobster 1

前半は、小さな子が「ごっこ遊び」してるような会話の
シュールさにブラックな要素が散りばめてあって
ニヤニヤしっぱなしでした。
あのナンセンスさに脱帽!
そして!ベンの見せ場がたくさん♪
でも、後半はちょっと重たくはあったかな。

全体のストーリーは置いといて(失礼なっ)
この映画のベン(役名ジョン)、本当に面白かった!
本人も(他の役者さんたちも)淡々とノリノリで演じるのが伝わってきた感じ。
やっぱりベンには、もっとデッドパン・コメディやって欲しい☆
主役じゃなくっても全然オッケー!
というか、脇でジワジワさせてくれるベン、最高です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


3.11ですね。
あれから早くも5年。

変わったこともあれば、全然変わらないこともある。
私たちはどこに向かっているのか
いま一度じっくり考える日でもありますね。

The lobster - Trailer

Spectacle Q in SPECTRE

Q poster

今回SPECTREでは、すっかりいい子になって!
「Mは僕のボスだから…」とか、
「僕には家のローンと…」とか
半分冗談にしてもQにそんなセリフ言わせなくってもと、
思ってしまいましたが、そのあたりの親しみやすさもあってか
すっかり愛されキャラに成長して、真面目さとコミカル加減など
すべてが程よくキマっていたので良しとしましょう☆

ただ、前作SKYFALLでの何かやらかしそう…みたいな
反逆児っぽさが恋しいところではあるのですが。

今回は、ちょっとお疲れな感じのボンドといい
どことなく小粒で柔なVILLANたち(企んでることは大きいのに)
という気がいたしました。
アンドリュー スコット扮するCも、常に徹夜明け風けだるさ丸出しで
なんでもっとシャープ&ダークじゃないんだろう?と。

あと、悪の組織SPECTREのタコのロゴの
足が7本しかないっていうのが気になって、気になって(笑)。
あれは、ずっと昔の007シリーズ「オクトパシー」と何か関連が?

ロンドン・スパイといい、なんだか、アクションやサスペンスものは
素直に楽しめない自分がイヤになってきてます…。

とは言え、Qもダニーも大好き♪
Qだけのスピンオフ映画ができるといいなあ。
充分イケるキャラクターだと思う!
というか、やっぱりQサイコー!です。

London Spy Trailer



私たちは何を見せられてるのか。
謎から謎へ…困った。

でも映像は抜群だし
とにかくベン、出ずっぱり!
わーい♪

The Lobster プレミア @BFI on Oct 13 2015

Lobster ben 1

Lobster ben 2

Lobster ben 3

GYAO!!

https://bernd-talasch.squarespace.com/movie-premieres-2015/2015/10/13/13-oct-the-bfi-lff-the-lobster-dare-gala-premiere

"Suffragette" - Trailer


Suffragette - Trailer No. 1


戦おうー、女性たち!

"PADDINGTON"を観て



とにかくPaddingtonの表情の豊かさに吸い込まれっぱなしでした。
そしてその彼の後ろにはベンが存在するなんて…なんて素敵!
ベンの声のユニークさが本当にPaddingtonに合ってる!

せつなさもありながら、全編ホノボノとテンポも良くて、
ロンドンのいいとこ取りな感じも目が離せない。
家のインテリアや衣装もひとひねりしてたり、カラフルなので
部屋の傍らにBGVとして流しておきたい感じも!

ただ、パパ役のHugh Bonnevilleと、アンティーク屋のオヤジ役のJim Broadbent
の顔が似ていて、観ているときに何度か混乱(笑)。
どちらかを、少し違った味わいの役者さんにしてみて欲しかった感じが。

Paddingtonがペルーからの航海中、白いキャンバス布の下で隠れてるシーン…
TVドラマBooze cruiseのベン演じるダニエルを思い出した。あれも可愛かったな…。

もー本当に、Paddingtonにフォーリンラヴしない人がどこにいましょうか。
"一家にひとり、PADDINGTON!"

687883034_3848723971001_paddington-ben-whishaw.jpg

"The Muse" 4月17日ついにネット公開!

wearecolony_muse.jpg

https://www.wearecolony.com/the-muse/

The Danish Girl 撮影風景VIDEO

BT_Danish-Girl.jpg

click HERE!

映画 "The Danish Girl" 撮影現場

Danish Girl_ Ben1

Danish Girl_ Ben2

穏やかな笑みを浮かべるベン。
きっと、いい感じで撮影がすすんでいるのでしょう。
エディーとは、どう絡むのか…。

from here!
Thanx for the info, uraracat!

"007 Spectre" Making Scene







動いてるQ! from Spectre


007 Spectre より

Q in Sptectre from BBC

こんなセーターもバッチリ!
ちょっぴり大人になったQですね。

"The Tempest" メイキング




真面目に本編を観るよりも楽しめるように思える(失礼っ;))メイキング。
1:23あたりのカーテンから出てくるベン…ラブリーで、言葉が…でない…:O

Yet another "Q interview"



『(サム・メンデス)監督が、今回も(監督を)引き受けてくれて、最高にうれしいです。
彼は現場において全てを最高レベルまで引っ張ってくれます。
先日は衣装合わせがあって、あの眼鏡をかけた途端、気分が盛り上がりました♪』

James Bond: Spectre - Ben Whishaw Interview

http://www.metroradio.co.uk/entertainment-now/celebrity-interviews/james-bond-spectre-ben-whishaw-interview/

ben_spectre.jpg

受け答えにつまってる素のベンが愛らしい♪ 
そんなベンも007ヒストリーの一員なんだなあ。

"Bond 24" Announcement -製作発表-



アンドリュー・スコットもキャストに!
ロリー・キニア兄もいるし、ベンも撮影楽しいだろうなあ。

He loves Sushi! "Passport Magazine"

ついに来たーっ。今ベンは寿司にはまってるようですー。
ベンが、公にパートナーとのエピソードをサラリと語ってるのがラブリ。

http://www.passportmagazine.com/vip-lounge-ben-whishaw/


↓Benが創作した @ Covent Gardens
paddington bear by ben2

paddington bear by ben


私が遭遇したPaddington @St. Paul's
木製っぽいパディントンベア 写真家のランキン作

paddington2.jpg

paddington1.jpg

`Days and Nights` from Vanity Fair

days-and-nights-1.jpg

02-days-and-nights.jpg


TOP-The cast of Days and Nights: front row, from left, Cherry Jones, William Hurt, Mark Rylance, writer-director Christian Camargo (with script), Juliet Rylance (Camargo's real-life wife and one of the film's producers), and the late Russell Means; back row, Michael Nyqvist, Jean Reno, Allison Janney, Ben Whishaw, Katie Holmes, and producer Barbara Romer. Photographed on South Spectacle Pond, Litchfield County, Connecticut.
PHOTOGRAPHED BY JASON SCHMIDT.

BOTTOM-Anton Chekhov, center, and members of the Moscow Art Theatre, circa 1898
FROM HULTON ARCHIVE/GETTY IMAGES.

from here

The other `London Spy`


映画 "Days and Nights"… itunesからDownload? 

DaysandNights.jpg

from here

"Days and Nights" trailer



長めのトレーラーはこちら


↓このシルエット....!!!
nightsandday_ben.gif


days_and_nights_poster.jpg


from BEN WHISHAW NEWS via Uraracat. Thanks!

Yorgos Lanthimos's "The Lobster"

なんというタイトルなんでしょう。誰かがロブスターになっちゃうの?
わけわかんなさが良いです。
ベンが出演する、ギリシャ人映画監督Yorgos Lanthimosによる
"The Lobster"が3月からダブリンで撮影開始予定。
Mojoがついに終わり、次なるベンの仕事へ私の心も少しずつシフトを♪

コメディドラマを中心にヘラヘラとした笑いを誘っていたという印象の
Olivia Colmanでしたがこの数年の活躍もめざましく、
ベンとどう絡むのかとても楽しみです。

from here!

Yorgos Lanthimos監督の作品"Dogtooth"トレーラー

Ben Whishaw in "The Zero Theorem"

ZERO1.jpg

ZERO2.jpg

"The Tempest" to air on BBC2 this coming friday!

tempest_BBC1_5.jpg

tempest_BBC1_4.jpg

tempest_BBC1_6.jpg

tempest_BBC1_8.jpg

なんと、いきなり。
天災テンペストは忘れた頃にやってくる…

映画 ”In the Heart of the Sea” ベンがメルヴィル役に決定

from here!

ロン・ハワードが監督するこの映画の原作が、1820年に実際起こった米国捕鯨史上最悪の悲劇ををえがいた小説『In the Heart of the Sea』(Nathaniel Philbrick作)だそうなのですが、その惨事は、これまたメルヴィルが1851年に書いた小説『白鯨』の題材になった…とのことで、ベンがメルヴィル役ってどういうこと?と頭を捻っております。


元船員だった、メルヴィル自身が現実にその事故に巻き込まれて、後年小説を書いたということなのか…しかし、メルヴィルは1819年生まれなので、1歳のメルヴィルがその事件に遭遇してるとは言いがたい…ので、彼が『白鯨』を書くにあたり、その背景としてその惨事が映し出されて、同時にメルヴィルの創作課程と彼の人間性を描き出していくという二重構造なのか…。


まず小説を読んでみないと…ですか? どなたかお読みになりましたか?
翻訳は出ているようです。

Herman Melville-1385122

'Perfume' to air this friday (26 July) on BBC2

Perfume_BBC.jpg


"Cloud Atlas" London Gala !! 3



ベンの部分は3:34~

ロバート・フロビシャーのパートについて
『本を読んだときは「愉快」なキャラクターだなと感じたのです…彼はとても野心家だし…でも、映画では彼のキャラクターと内容の展開を少し変えてあって、映画を観た方から『感動的なラブ・ストーリーだった。』というような意見を聞いて、僕自身が心を動かされてるというか、意外だったりしてます。』

『画面上では相手役(ジェームズ・ダーシー扮するルーファス・シックススミス)と絡むシーンは少ないのですが(うまく関係が交差するような)効果的な演出になっているからですね。』

映画全編を通して表現されている「永遠の愛」というものの描き方については?
『愛が様々な形で次世代へ連鎖して受け継がれていく…というアイデアは本当にいいなと思います。』

何役も演じるっていうのはどんな感じですか?
『素晴らしいです。子供に戻ったみたいで。カツラをつけて、可笑しな鼻をつけたり、馬鹿げたコスチュームを纏ったり…楽しいとしか言いようがないです。ラッキーなことに、そういうことが実現するんですね、こういう仕事していると。』

出演を決める時に、扮装したりとか面倒だなーとか思ったりしましたか?
『そういうことは前もって考えたりしないです。当日の現場に行って、そうだったなーって気づくみたいな。でも、顔中に接着剤をコテコテ塗られたりして…自分では心の準備をしたつもりだったんですが、勘弁して~死んじゃう~なんて思ってしまいました。ははは~』

”Cloud Atlas” 観て来ました



時空を超えてDNAが渦巻いているなー、これを乗り越えて
自分も存在してるんだなーと実感するような物語でした。
いつの世にも、色んな形の愛があって、受け継がれてきた、
と同時に、人間は同じ過ちを繰り返さずにいられない罪な存在…。

3時間近くなのですが、それぞれの役者さんの見せ場ばかりなので
不思議と退屈しませんでした。『えっ、これだけのためにコテコテ扮装?』
みたいなシーンもありましたが、みなさん真面目にプロの芸をしていて
画面を引っ張ってたと言いましょうか。(笑)
そして、思っていた以上に音楽が心に響き、とても美しかった。

しかし、ベンは切ない役が本当に似合うなあ…。
Search form