BBC 『Grandma's House』

SimonAmstell1.jpg
SimonAmstell2.jpg

うーん、複雑な心境ではあるけれど…面白いから書いちゃおう。
今BBCで放送中のコメディドラマ『Grandma's House』というのがあるのだけど、前回のエピソードにベンを彷彿とさせる人物が登場。その名もBen Theodore。このドラマはコメディアンのサイモン・アムステル(Simon Amstell)が自分の家族、親戚を題材に、本人が限りなく本人として主演を演じ、自ら脚本も書いていて、いつも彼の祖母(Grandma)の家でエピソードが繰り広げられる。前回のストーリーでは、前半サイモンが母親との会話で

サイモン『Benは今をときめく才能溢れる俳優なんだ。しかも痩せている。僕がこの世で愛を捧げるとしたら、彼しかいない。』
母『彼、そんなに有名でもないじゃないの。』
サイモン『彼に駆け寄って、背後から自信たっぷりに彼のフルネームを叫べたらいいのにな。』
母『どーして叫ぶわけ?』
サイモン『どうやって人間と交信したらいいかわかんないんだもん』…

など、どうしたことかベンへの間接的な愛の告白!に始まり(ちなみにサイモンはゲイです)、後半では、サイモンの家族の知り合いの演劇教師の女性がGrandmaの家に遊びに来て、『この後、元教え子の俳優Ben Theodoreと会うことになってるのよ~』って話したことから、『サイモンがBen Theodoreのファンなの~、ぜひBenを呼んで~』ってサイモンの母親が話しを振り、そのBen Theodoreがサイモン家族のアフタヌーンティーに参加しちゃう。そのBen、髪の毛さわりまくったり、猫好きで、もじもじしてるし、しかも!サスペンダーはしてるし…誰をモデルにしてるかは、わかっちゃう人にはわかる…って感じ。会話での受け答えも小さな声で『僕、自分の芝居の批評とか読まないんです…』『演技には何ていうか……マジカルな…』とか、周りの人が『えっ今、なんて言ったの?聞こえないわ…』みたいな調子で、始終きょどってるベン( ̄w ̄)。もうー、変なところばかり強調されちゃって、サイモンはきっと実際にはベンに会ったことなくて、この脚本書いたと思うっ(笑)!

このサイモン、毒舌で過激な発言とかしちゃう人だけど、なんとなくベンに雰囲気が似てるわ~コメディ界のベン・ウィショー?って、実は、ちょっと思ったりしてました。多分、サイモン自身がベン・ウィショーによく間違われてたりしてて、このストーリーを思いついたのでは…と、想像。ちなみに上の写真、左のグリグリヘアがサイモン、右がベン風なBen。

今だったらBBCのi-playerでドラマの録画が見られます。後半の21分ごろからベンが登場。

You will see Ben's look a like in this week's episode in BBC Comedy Drama "Grandma's House".

http://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b00tl182/Grandmas_House_The_Day_Simon_Announced_That_He_Was_in_Control_of_the_Universe/

Benが新聞に

Sunday Times

と、言ってもベンの記事じゃないの。ハムレット=ベンのお母さんGertrude(写真上)を演じたImogen Stubbsの娘がTheatreのA-Level試験(日本でいう共通1次試験みたいなの)を受けたけど結果が散々なものだった。で、シェイクスピアものを演じるMs Stubbsと夫のShekespear Companyで舞台監督などを経験したTrevoe Nunn(ベンをハムレットに抜擢して演出した方)からシアター系の知識の助けを得ながらも、娘の試験結果がよくなかったことについて、Ms StubbsがA-Level試験のあり方や、採点方法はどーなってるのか…という疑問を投げかけてるという記事。ちなみにMr. Nunnも模擬試験を受けたところB+だったとのこと。

私は地下鉄に乗っているとき、遠くの席でこの新聞を持っている人をたまたま見かけ『えっ?ベン?まさか、ベン?』なんて思いながら、最寄の駅に着いてすぐニュースエージェントに駆け込んで新聞をゲットしたのですが、こんな内容だったと。ベンとは、あんまり関係なかったと…。ベンのキャプションも出てなかったと…。でも、素敵なベンの写真が新聞に大きく載ってるって嬉しいな♪

A picture of Ben of Hamlet was in an article in The Sunday Times on 15 Aug 2010. However the article is nothing to do with Ben but Imogen Stubbs' daughter who got an unfortunate result in A-Level Theatre exam. Ms Stubbs (with Ben=Hamlet in the picture) is wondering why her daugher who has got a lot of excellent input from her parents (Ms. Stubbs and Trevor Nunn, the director who directed many of shakespear plays including Hamlet Ben played) got such result, and the way A-Level exam assessed and so on.

All Signs of Death - 撮影風景 in LA

All Signs of Death _ Shooting1

わっ、LAにロンドンの寒々しい陽気を持ち込んでるような人物が…ベンかあ。
カーディガンだか着込んで、そこだけ温度差がっ(笑)

All Signs of Death _ Shooting2

ベン扮する主人公の親友が経営するTattoo Shopを撮影中の模様。ワクワクする~♪

こちらのサイトから↓
http://theendlessfurther.com/?p=1689#comments

いい事言ってます。キャンピオン監督。

c0218664_2574473.jpg

ベンに初めて会ったのはオーディションルームの外でした。その若者を見て思いました。『この生き物は美しい猫のよう…この世のものじゃないみたい。』話すとキーツが喋ってるみたいで、気取ってなくてロンドンかちょっと北の方の感じ(のアクセント)。オーディションでは、勇敢そのもので感情を隠さず、情熱的な上に力強く、ファニー役候補の女優とのセリフ読みはとても官能的で親密だった。そんなリハーサルの後半には、彼の存在の中毒になりそうな自分を発見しました。

ベンはおしゃべりじゃないけど、とても誠実で頼れる人。ベンとアビーがリハーサルを前に初めて対面した時、アビーが『こんちはっ!』みたいな感じで声かけてたのを覚えています。そんな控えめなやりとりは、彼らの相性の良さを物語ってました。彼らの間で、感謝、関心や尊敬の気持ちなどが、日毎に育っていくのを目の当たりにしてました。

“I remember first meeting Ben Whishaw outside the audition room. I looked at this young man, this creature, beautiful like a cat, not real almost. When he spoke, he sounded like Keats, not posh, slightly London or northern. In the audition he was completely brave, open emotionally, febrile yet strong and very sensual and intimate with the actress reading for Fanny. Later in rehearsal I found his presence addictive.

Ben is not chatty but deeply honest and trusting. When Ben and Abbie finally first met before rehearsals, I remember Abbie saying something like, “G’day mate.” As underplayed as those first words were, it was a special match. I watched the appreciation, intrigue and respect between them grow daily.”

benjane.jpg

* * * * * * * * * *

ベン中毒!なんか、わかる~。ベンを知れば知るほど、もっと知りたくなる。欲しくなる(笑)きゃは。

Ben & Abbie in Cannes 2009 - カンヌ映画祭 2009 -

Ben  Abbie

When I have fears  僕が恐れる時

This journal may only be viewed by Blog friends.
Blog friend request

『Bright Star』 Audition オーディション

Ben Whishaw_Audition

BW: Jane sent me a note with her script saying, ‘I’ve seen some pictures of you and I heard you did Hamlet in London and I think you might be interesting in this role, we should meet.’ I wrote her an e-mail back saying that I loved it, told her what I understood about Keats from the screenplay and that my imagination had sort of been ignited. I wanted to know more. Then we did an audition in London. It was fairly straight forward, accept about 15 minutes in I was reading with an actress who was auditioning for the role of Fanny, and I became utterly convinced that Jane was interested in her and not me and that the whole audition was about this actress. So I remember thinking,‘oh well, fuck it!’ Maybe that’s why I was relaxed or resigned to failure.

ジェインが脚本と共に『あなたの写真を見ました。そしてハムレットを演じたということも聞いています。このキーツの役に興味があったら、お会いしましょう。』というメモを送ってくれました。僕はe-mailで『脚本をとても気に入りました。脚本から受けたキーツの印象、また、その役を自分なりにどういう風に創造していけるか。もっと色々知りたい』といった内容の返事をしました。その後、ロンドンでオーディションがありました。一般的なオーディションで、15分間与えられ、ファニー役にオーディションに来ていた女優と組んでセリフ読みをしました。僕はジェインがその女優の方に興味があるだけで、僕に対してのオーディションではないのだなと思い込んでしまいました。で、こう思いました‘oh well, fuck it!’(あー駄目だ!)。そんな感じだったので、リラックスしてたというか、諦め気分のオーディションでした。

ファニー役にオーディションに来ていた女優:
かなり大物の女優だったらしいとの記事をどこかで読んだ気がします。なので、ベンは自分とはケタ違い?と萎縮してしまったのかも…かわいい。カンピオン監督の作品だから、色んな有名女優さんが来たのでしょうね。キーツ役にしても、カンピオン監督はすごい数の男優をオーディションしたとのことです。

http://screencrave.com/2009-09-23/interview-with-ben-whishaw-and-jane-campion/

上記の写真はオーディションで、ベンがキーツの『When I have fears』を暗誦しているところ。
上記の写真はこちらから

『Bright Star』 AbbieはBenの魔法にかかった?

brightstar_cannes.jpg

ジェーン カンピオン監督:

ベンとアビーの二人は、リハーサルを始めるまで対面したことがありませんでした。ある時、アビーとベンが見つめあい『そう、僕らは好きあっている』というポイントになる瞬間がありました。ベンは相手をコントロールするような男性ではないし、アビーはとても気が強く、相手に従うようなタイプではない。彼女はまず自分の気持ちが確かでないと進めないタイプ。

ベン(キーツ)が、クリスマスの夜に始めてアビー(ファニー)の手に触れるというシーンがあって、演技をするでもなくテーブルでセリフだけのリハーサルをしてました。しかし、ベンはとても大胆で、私達もちょっと入り込んでいき、アビーが感情をあるレベルに持っていく段階で、既に自分の感情を掴んでいたベンが、彼女の手をパッと掴んだのです。そこで、私はまさに閃きを見ました。それはアビー(のその後の演技)にとって、とても有効な瞬間であったと感じます。私達もその瞬間を実感しました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Jane Campion: With these two, they hadn’t met before rehearsals. There was one key moment, Abby and Ben saw each other and went ‘Yes. We like each other.’ Ben isn’t the controlling alpha male type, and Abby’s got a mystery about her, where she could be so strong and not so obedient. Abby has to feel it’s correct before she will do it.

There was a moment when we were looking at the scene where Ben touches her for the first time at Christmas, and I was reading it around a little table, we weren’t really acting it out. But Ben is very bold, we got to that bit, and before she knew where she was he had reached out and grabbed her hand and I just saw the flush. I realized that it was such a useful moment for her. We felt the moment.

http://screencrave.com/2009-09-23/interview-with-ben-whishaw-and-jane-campion/


BrightStar_with brothers

Chastity? 『Bright Star 』 愛の表現について 

bright star, sequence

映画『ブライト スター』で、キーツとファニーの間に深い情熱がありながら、淡いキスや手を握るなどの表現にとどまっていたことについて。

BEN:
面白いことに、実際人々に見てもらうまで、僕はこの映画を貞節と思ったことが全然なかったのです。彼らの関係に限度があるのは理解していましたが、その限度を超える感情というのがあの時代にありました。(キーツとファニーが)友人に囲まれて一緒に座っているシーンがあったのですが、アビーと僕が本能的に双方の膝に手をやったら、ジェインが『ダメダメ、そんなのありえないわ、あの時代』。やりすぎだと。ある種の制限があるのはわかってましたが、リハーサルをして実際撮影に入り、僕たちは常にとても情熱的、とても官能的でした。多分いまの時代では考えられないことですが、見た目にもっとわかりやすく大げさな表現に比べて、単なるキスがパワフルかつ官能的で爆発的でないとは思いません。


* * * * * * * * * * * * *

Interviwer: One of the things that interested me about Bright Star is that it’s kind of a love story in a strait jacket. You have to convey this deep passion with no more than a chaste kiss or the brush of a hand. I wondered what kind of notes you made about the restraint you had to have for this film?

BW: it’s funny because until we started showing the film to people I never even thought about it being chaste. I knew there were limitations upon their relationships, but they always felt more like the limitations that were on most relationships in those days. I remember there was one scene where Abbie and I were sitting together – we were surrounded by some of Keats’ friends - and Abbie and I just instinctively put our hands on each other’s knees and Jane was like, “No, no, there’s no way you could have done that then.” It was ridiculous. I was aware there were restrictions, but actually, when we were rehearsing and filming it always felt very passionate, very sensual. Perhaps that’s something you don’t see so much now, but I think just because it’s only a kiss doesn’t mean it’s not as powerful and sensuous and explosive and electric as something more obviously fulfilling.

http://www.thedivareview.com/Bright_Star_Interview.htm

だから君に恋をする☆

ジェーン・カンピオン監督が語るエピソード:

実にすてきな驚きであり、チャーミングだなと感じるのは、ベンは本当の優しさを内に秘めているということです。彼は、とてもとてもスウィートで強い人。(ある日)私たちが空港のカスタムを通る時に、トラブルになりそうなことがあって…カスタムで『線の後ろに立つように』などと、すごく真剣な感じで指図する女性がいたんです(笑)。権力がおかしな風に作用することあるでしょ(笑)なんだか、強制収容所にいるような恐ろしい気分にさせられて。ガミガミ声で『そこに立っていなさい!』と。
で、ベンが言ったのです。『そういう風な言い方をされるのは好みません。もっと優しい口調で話せないんですか?』

―(笑)そう、彼はここぞと思ったら、立ち向かうんです。

http://www.thedivareview.com/Bright_Star_Interview.htm

Jane C: … I think the thing that’s so surprising or charming is that Ben’s got this real kindness in him. He’s very, very sweet and strong. We were coming through the airport; I thought we were going get into trouble coming through customs. There was a woman who was taking her job of telling you to stand behind the line {Laughs} very seriously. You know, a little bit of power can do crazy things {Laughs}. It was kind of horrible; she was treating us as if we were in a concentration camp. *in growling voice* “Get up there!” And he said, “I don’t like to be talked to like this. Can’t you speak more gently?”

{laugh} Yeah, he will stand up for what he thinks what’s what.

23MAR_2.jpg
Search form