ジョン・キーツ 秋に寄せるうた / John Keats To Autumn



ベンの朗読でどうぞ。映像は、実際のキーツの『秋に寄せるうた』の直筆原稿。

* * * * *

秋に寄せるうた

霧と熟れたる豊穣(ほうじょう)の季節よ
恵みあふれる太陽の親しい友だちよ。
葉のひさしに捲(ま)き付いた葡萄(ぶどう)づるには重い房を
どんなに垂れ下げようかと、おまえは太陽と語らいたくらむ

苔むした納屋の古木(こぼく)には林檎(りんご)をたわわに実らせ、
すべての果物をその芯にまで熟れさせようとする、
またひょうたんを膨らまし、そして蜜蜂たちには
遅れ咲きの花をもっともっと開かせようとする。
夏が蜜蜂の巣の蜜房にねばねばと満ちていて、
暖かい日々の終わることがないだろうと思うまで。



誰が収穫のときにしばしばおまえを見かけなかったであろう。
ときおりおまえをあちこち捜したものなら、
おまえが穀倉の床のうえで吹き過ぎる
風に髪をゆるやかになぶらせて、
ただぼんやりと坐っているのを見かけたものだ。

あるいは半ば刈りとられた畝(うね)で
芥子(けし)の匂いに眠気を催し、
いっぽうおまえの鎌は、次の麦株と絡まる
花々を惜しんでぐっすりと寝入っている。
またときおりおまえは落穂(おちぼ)拾いの人のように
花をのせた頭を辛抱づよい目差し(まなざし)で
果物搾りから落ちる



春の歌ごとはどこに行ったのであろう。
ああ、いまはどこに。
そのことを思うてはならぬ、おまえには
おまえの歌がある-

たなびく雲は紅(あか)く沈まんとする夕陽(ゆうひ)に映(は)え、
薔薇色に切株の畑を染めるとき、
ちいさな羽虫のむれはかわやなぎの枝のなかで
かろやかな風が立ちまたやんだりするままに
高く運ばれあるいは低く降りたりしながら
哀しげにうたう、
生長した仔羊(こひつじ)がむこうの丘から啼(な)きつつやってくる。
垣根のこおろぎが鳴く、そしていま菜園に駒鳥が美しいソプラノで囀(さえず)る。
また空には。南に帰る燕のむれが囀っている。

《訳 出口保夫》

* * * * *

この詩はキーツがウィンチェスター滞在の際に、自然の素晴らしさを心から体感し書き上げたものと言われています。また、秋という季節に対し、自分の『人生の秋』と関連させているのでは、という見方もあるようです。

3節目の『春の歌ごとはどこに行ったのであろう。…おまえにはおまえの歌がある-』というのは、何も考えずただひたすら詩作に打ち込むことの出来た、過去の美しい『人生の春』の時間を思い起こしつつ、貧困や病の恐怖の中でもじっと耐え偲びながらも、自分を大いに生かしていこうという決意『ネガティブ・ケイパビリティー』の哲学が現れているという説もあります。

ベン・ウィショー 後ろ向いてるのは誰?

tumblr_l0g0uzYtnu1qb7rvdo1_500.jpg

ベンがドラマスクール時代に、ガタイが良く見栄えするクラスメートばかりに囲まれて、自分は場違いのように感じていたことについて

"I remember just feeling like I'm skinny and a bit odd, and I got cast in lots of character parts, which I was totally happy doing. They were great. But I certainly didn't think I was going to be a leading man."

『僕はガリガリの痩せっぽちで、ちょっと変わり者のように感じていました。そんなわけで(スクールの公演では)個性的な役を数多くもらって、やりがいがあってとってもハッピーでした。一方で、自分は決して主役を演じるタイプではないと思ってました。』

* * * * *

べん、かなり謙遜王子だわ。地元の青少年の劇団にいた時に、すでにハムレット演じてたりしてるし、同時期にエジンバラの演劇フェスティバルではPrimo Leviの自伝『if this is a man』を基にした芝居で主役Levi役を演じて5☆の評価までもらったりしたそうだし。自分じゃ主役の器じゃないと思っても、やっぱり何かしらキラキラするものを発散しちゃうのね、ベン君は。ブライト・スター☆

tumblr_l0g0szjuTq1qb7rvdo1_500.jpg

多分、右端が未来のスター☆

ベン・ウィショー 舞台と映画の違い

ben_Royal Court

ブライトスターの撮影が終わるまでに、彼は、いかに異なった演技のアプローチを(今後一緒に働く)監督に披露できるようになれるか習得したいと思った。そういったことに手馴れている、共演のファニー役のコーニッシュとキーツの親友役のポール・シュナイダーを彼は観察した。しかしながらウィショー曰く、彼が舞台出身ということが、多分そうした表現をする上で、足かせになってると感じた。『ダスティン・ホフマンと(映画・パフュームで)仕事をしたとき、映画俳優はとても発想が豊かだと感じました。彼らは、たくさんの、もうーすごいたくさんの表現の仕方をします。その中からより良い表現を見つけていく。しかし、舞台ではすべてが正解でなければと思ってしまう…それは映画の世界では重要なことではないんです。時には失敗もあり、失敗をする中で正解が見つかっていく。その違いを分かっている監督となら、そういう段階を踏むのはとても意味のあることです。』

By the end of filming on "Bright Star," the actor says, he wanted to better understand how to offer very differing takes to his directors. He observed that his co-stars, Cornish as Fanny and Paul Schneider who plays Keats' friend, were good at it. But, says Whishaw, perhaps because he has a theater background, he was finding himself stuck in a groove. "I felt that with Dustin Hoffman when I worked with him [in "Perfume"]—film actors are very inventive, and they do lots and lots and lots of different things. And some of them will be better than others, and that's okay. But, in theater, you feel like you've got to get every take right, and that's not essential [in film]. Some of them can be bad, and sometimes you've got to go through the bad ones to get to the good. As long as you have a director who knows the difference, that's a useful process."

http://www.backstage.com/bso/content_display/news-and-features/e3i719dc07a203bf2ec682907fc463750ab

ベン・ウィショー 語る指

sometrace of her


* * * * *
『...some trace of her』(National Theatre 2008)でのリハーサル。
ベンの指の長さにはびっくり、ウットリさせられる…。手の骨格もなんとも言えないっ☆
しばしの、ご鑑賞をどうぞ…。

ベン・ウィショー 『Bright Star』 インタビュー 2




アビー(コーニッシュ)との共演はいかがでした?

彼女と仕事できて、とてもよかったです。すごいインスピレーションをもらいました。彼女は強靭に独自の仕事の姿勢を貫き、また自分の直感をとても信じていて、いつもその瞬間に生きている人です。リハーサルなどや、準備に頼ることをあまり好まないのですが、本番では驚くほどすべてを開放します。そんな彼女を垣間見れたことは光栄でした。

ポール(シュナイダー)とは?

ポールは、また違ったタイプですが素晴らしいです。遊び心があって愉快で、縛られてなくって。演技する上で、彼がどういう方向から攻めてくるのかわからない…とうのは驚きです(笑)。

ポールとは旅行へ行かれたそうですが、面白いことがあったとか。

湖水地方へ行きました。ジェインの薦めなんですが、実際にジョン・キーツとチャールズ・ブラウンがイギリス北部の長旅をしたのを基に、僕らも山登りの計画がありましたが、現地は寒くて着いた時間も遅く、ちょうど人々も下山して来ている時間になっていたので、その代わりに畑などに行って迷ったりして、当初の計画とはかけ離れてしまいましたが、それはそれで、すごく楽しくってポールとは親密な関係を築くことができました。

Twitter、facebook、Hotmailなどでの交流が氾濫している時代ではありますが、この映画は人間同士の交流における親密さや繊細さを深く描いていると思います。現代社会において、あえてそのようなことを提言している作品に巡りあって光栄に感じています。

ベン・ウィショー 『Bright Star』 インタビュー 1



ジョン・キーツを演じての感想は?

このフィルムは、多分、ちょっと大げさな言い方になりますが…自分のこれまでの経歴の中でのハイライト(頂点)…だと感じます。なぜならば、自分の内面にこれほど入り込んできた作品はありませんでしたし、実際、あの役を演じた経験から吸収したものを、今でも日常生活の中で、思い起こしたり、取り入れてみたり色々影響しています。本当に特別な経験でした。

キーツに関して、事前にリサーチなどしましたか?

はい、できる限りの事はしようと思いましたし、ジェイン(カンピオン監督)からも奨励されました。キーツの専門家になれるくらい勉強して、誰にいかなるキーツの事を聞かれても答えられるようにと言われました。そんな彼女のアドバイスを基に、まあまあエキスパートと言える位にはなりました。彼に関する本はできる限り読みましたし、伝記を4冊、彼が書いたすべての手紙、すべての詩はもちろんのこと、他には作品の批評など、映画の内容には直接関連がなくても、とにかく何でも目を通しました。彼についての知識を得ることにどんどん中毒になっていきました。

そういったリサーチから、特に演技において生かされたことは何ですか?

そうですね…キーツという人物を理解するにあたり、鍵になるのは、『ネガティブ・ケイパビリティー(Negative Capability)』と彼が唱えるフレーズで『事実や理由を性急に追求することをせず、不確実、神秘、疑惑の状態にとどまっていられる能力』…彼がある手紙に書いた一節にありますが、彼がいかに生命の神秘に向き合い、生が導く方向やインスピレーションに対して心を開いていたかを物語っていて…それが僕にとっては多分、一番訴えかけてくる彼の要素のような気がします。彼のそういったレベルの繊細さも皆さんに伝えられたらと思います。

ジェーン・カンピオン監督との仕事はいかがでした?

彼女はすごい人です。愛してます。彼女はマジカルな存在であると言えます。人の内部を除くことができて、その人以上にわかってしまうんです。その人がベストと言える仕事をする上で、妨げになっているものを直感的に見抜けるようで、それをさりげなく(ここでベンの両手のジェスチャー)取り除いてオープンにさせてくれたり。あと、彼女は言ってました。『天から降りてくるものを、自分を通して表現するだけよ。』それは、彼女の人生において信条にしていることなんだと思います。

* * * * *

ベンの雰囲気たまりませんね~☆
昨日のベン遭遇の時の、素敵な笑顔、優しい声が、寄せては返す波のように、私の中でいまもいまも漂っております…☆

この映画の一連の話題の中で『ネガティブ・ケイパビリティー(Negative Capability)』という言葉を初めて目にしましたが、その考えに救われるような気持ちになることがあります。

その言葉を励みに詩作するしかなかった道がなかった、キーツの過酷な状況を思い浮かべるととてもせつないですね。

☆☆☆ また、また、ベンに遭っちゃった ☆☆☆

嘘みたいですが、本当です!三度目です!
ところはロンドンの中心部のTottenham Court Road(トッテナム コート ロード)という通りで夕方6時30分くらい。

金曜日ということもあり、私はヘトヘト状態で歩いていたのですが、なんかどーしても見ずにはおれない赤いものが左目に飛び込んできました。で、それはっ!赤いジャケットを着込んだベンだったのです。ウファァーと思いながら『ベーン!』って私、呼んでました。(でも、私のこと覚えてくれてたかな?変な奴と思われてないかなと、ちょっと不安)

私『元気でしたか?』
ヘラヘラ顔のベン『イエース』
私『会えてうれしいです。よく通りで会いますよね(覚えてるかどうかわかんないけど言ってみる)』
ベン『この辺りで働いてるの?』
私『そうですよ~』と言いつつ、ベンのニヤニヤ笑顔に惹きこまれる。
我にかえり
『テンペストのトレーラー観ました。すごくキレイだったあ』
『oh- Yeah そうだよねー』
『次のプロジェクトは何ですか?』
『ええっと、ひとつドラマのパイロットを撮りましたよ。どうなるのなかあー。あのねーHBOっていうところの…』
『知ってますよ。LAで撮影したんでしょ?』
『そうそう。うーん、どうなるかわからないけど…いい感じだと思うよ(ニコニコ)』
『エキサイティングね』
『oh-yeah!』(すっげーいい笑顔&瞳キラキラ)
で、ベンと(また!)一緒に歩いてたマーク・ブラッドショー君が、ちょっとお疲れな感じで横に立ってたので、私、前回と似たフリをかます。
『作曲家の方ねっ!Beautiful Music♪ Yeah!』と私、親指を立てる。(なんだかなー思いつつ、出てしまいました…でも、本心。ブライトスターの音楽は美しかったもの。)

1・5秒位、ベンの笑顔に見とれつつ、『ハグしてっ!』光線を送る、いつものようにっ。ほっぺキス、ハグを頂きっ!『Oh My Goodness! 会えてうれしかった~、またね~♪』

* * * * *

あのねー、今までのミラクル遭遇の中で、いっちばんベン素敵だった。スッキリ笑顔で、髪の毛もいい具合に伸びててカールも麗しく☆☆☆ 写真一緒に撮りたい衝動にちょっぴりかられたけど、なんとなく彼のキラキラ目ヂカラだけで満足になっちゃった。もー、ほんのひと時だったけど、心は舞い躍りまくりました♪まだ、夢見てるような状態です。

しかしながら、疲れてて化粧直しもせず(いつもだが)、髪の毛もボサボサ状態であった私。目もどこか焦点が合ってなかったであろう…。

と、いうことで…今日の教訓。
『いつ何時VIPに会うかわからない。準備しとけよ、自分!! Be Prepared!!』

Bright Star John&Fanny

keatsfanny.jpg

ベン・ウィショー 元気になる言葉

ben underlights

『こんなことをよく考えるんです。
自分は自分なんだ。他の何者でもない。なぜなら自分以外の者にはなれないから。けれど僕達は、自分達が考える以上に無制限で、自分を大きくできるものなんだ…と思うのです。』

"I think about this a lot, and I've come to the conclusion that it's only ever you. It can't be anyone else, 'cause you can only ever be you. But I think we are more limitless and infinite than we often think we are.

こんな事言うから、また君を好きになるよ☆

記事全文はこちら
http://www.backstage.com/bso/content_display/news-and-features/e3i719dc07a203bf2ec682907fc463750ab

こちらから記事をいただきました
http://whishawben.tumblr.com/

Brideshead Revisited Premire (Sep 2008, London)

Brideshead Revisited Premire_1
素敵!でも、どことなくお疲れ(酔っ払い?)なベン君。なぜならば…

Brideshead Revisited Premire_3
なんか、兄貴って感じのHayley(Atwell-妹役)に従うしかない模様の、
ベンの微妙な表情(笑)

Brideshead Revisited Premire_2
アロイシアス、助けてっ(笑)

Brideshead Revisited Premire_4
いつも一緒、アロイシアス。

* * * * *

Brideshead Revisited TV
1980年のTVシリーズのアロイシアスはこんな子だった。
左から: セバスチャン役のアンソニー・アンドリューズ(Anthony Andrews)、チャールズ役のジェレミー・アイアンズ(Jeremy Iron)。最初はアイアンズがセバスチャンを演じる予定だったそうだけれど、チャールズを演じたい!と熱望して、役が入れ替わったそう。

Brideshead Revisited _Aloysius

Search form