LoveHate

lovehate1.jpg

Ben vs Eddie as Richard II King of England

Eddie Redmayne

エディ・レドメインが年末にロンドンのDonmar Warehouseで『リチャード2世』を演じるとのことです。
ベンとエディーが同時にリチャード2世を演じるなんて…スゴイことになりそう、大興奮!

http://www.donmarwarehouse.com/pl133.html

Eddie Redmayne will play Richard2 @ Donmar Warehouse in the end of this year.
It means...Ben and Eddie will be playing Richard II at the same time!! Quite exciting!!


待ち遠しい♪

The Hour_ ben close up

うららさんの情報により、The Hourを製作する会社KudosのPRフィルムからキャプチャー。一瞬だったりするのでインベーダーゲームのごとき、キーを押しまくりまくりまくり…で撮ってみましたっ!

今までにはなかった雰囲気のベン…ふーっ…素敵…☆

http://www.kudosproductions.co.uk/

New image from The Hour !!

TheHourfrom the shortlist

So Cool!! This is the article from Shortlist Magazine(19/05/2011 issue), London's free paper.

こんなの見つけた☆

bright star in highgatetube

今さらですが…『Bright Star』イギリス公開時(2009年11月)に、ロンドンの地下鉄某駅で撮影したものをさっきPCの中に発見☆ 気がつけば2年前の今頃ベンは、この映画でカンヌに行ったのでしたね。

Ben’s interview in Cannes 2009!

今年のカンヌでは、私の好きなLynne RamsayというScottishの監督が『We Need to Talk About Kevin』という作品で、ブリティッシュとしては今回唯一、コンペティションにノミネートされてるとか。彼女は『Ratcatcher』『Morvern Callar』という映画を撮った方で、とても繊細で透明感あるカメラワークが特徴だとおもうのですが、どの作品もダークながら、どこか自分を笑ってるような主人公が心に染みたりします。

今回の『We Need to Talk About Kevin』はTilda Swintonが主演(好き!男前女優!ベンと同じエージェント!)で、Lionel Shriverという方の小説をもとに映画化されたもので、かなーりヘビーな内容のようで、観るのに勇気が要りそう…。

Film "Cloud Atlas"

cloudatlascasting.jpg

またまたベンのエキサイティングなニュースが飛び交ってますね。
David Mitchellの小説”Cloud Atlas”の映画化で、ベンは上の大物の方々プラスTom Hanksと共演。
それぞれが、6つに分かれたストーリーのメイン・キャラクターで登場しつつ、他のストーリーにも、同人物または生まれ変わりとして…などキャラクターを数役演じるらしいです。まだ、すべての配役は明らかになってないようですが、ちょっとあらすじを読んでみたところ…ベンの役柄(の一つ)としては1930年代の貧しい音楽家、しかもちょっと怪しい人物…というのが当てはまりそう。脚本は以前、ベンが映画”Perfume”で一緒に仕事したトム・ティクバ監督と、”Matrix”でおなじみのワコウスキー兄弟が共同で執筆し、9月から撮影開始。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

ベンの役は、James McCavoyが当初予定されていたようなのですが、この映画以上にビッグな仕事が舞い込んできたのでしょうね☆
ティクバ監督とベンがまた仕事をするというのが、なんだかうれしい♪

from here

"The Hour" preview @ BAFTA

しょっぱなからベンのアップで始まります! トレーラーにあった台詞”The newsreels are dead...”と、ともに。

もう、何から話していいかわかりません、と同時にテンポも速く、どれだけきちんと話を把握してるか自信ないです(泣笑)が、第一話は、ベンがとにかく圧倒的だと思います。新たな表情満載&透き通った瞳が放つ”目ヂカラ”が眩しくてチャーミング。

ネタバレになってしまうかもしれませんが、もうちょっとだけ。

ロモラは、この役をオーディションで勝ち取ったらしいのですが、ベンの切れ味に対し、なんか野暮ったいかな~という感じで、相応のキャリアウーマンに見えないなあ、残念。でも、これから変身を遂げていくのか。

ウェスト氏は、親父系下心たっぷりのTVパーソンをチャーミングに演じてます。これから、彼の裏の部分が明らかになっていくような感じもしますが、どうなんでしょう。

ビッグスクリーンでの上映後、脚本のアビー・モーガン、ダイレクターなどのQ&Aがありましたが、出席した3名の製作チームは全員女性!もちろん男性ブレーンも沢山いるのでしょうが、Women Power強し!そして、そのQ&Aにはロモラとドミニク・ウェスト氏も参加。ベン君は、来てませんでした…残念だけど、まあいいでしょう。

『同じことは繰り返したくない』と、ベンが言っていたように、このドラマには今までのベンはどこにもいない気がする。そして、遂にベンの時代が来たんじゃあ?これをステップにしてリチャード二世。ベン君、バッチリじゃないですかっ?

今日はこんなところで☆

:::::::::::::::::::::::::::::

The drama starts with Ben's close up, talking to himself "The newsreel are dead......."

The first episode is a truly Ben's showtime..I guess.
His colourful facial expressions we have never seen are all over..very very exciting character.

Ben once said that he did not want to repeat same kind of character...it is true.


Rev Stan tells more!

National Theatre Archives - ...some trace of her

nationaltheatrevideo.jpg

BEN: ケイティの作品において、言葉は大切な要素ですが、それ以上に彼女が重点をおいているのは、その言葉の裏に隠された意味だと思います。

KETIE: 生意気な言いかたをするならば、舞台とは芝居をする空間ではなく、人間の習性や生態を再認識する場所だと思います。私たちは、いかにして他人の内部に起こっている何かを探りあてるのか…それは通常、放たれる言葉からだったりします。

BEN: この芝居が醸し出すイメージはとてもパワフルで、顔や手の表現のクロースアップが映し出す細かな表現が、言葉と同等に何かを物語っています。

KATIIE: 写真のイメージを観察することによって、彼らの内部に起こっていることを探りだしたりしました。とても緊張する作業ですが、そこから(芝居における)キャラクターの内部に一致する表現を探していき、彼らの癖、表現に対して適確であるであろうものを構築していったのです。

舞台上の各所の表現は、、様々な材料からヒントを得ています。19世紀の写真からは、光のあたる角度を順次に観察して、ステージ上での人物、物質に光を当てる際、どのような効果が期待できるのか。物質、状況、構図、ライト…などなどの関連性を研究しました。

タルコフスキーの映画からは、物体が動き、それに反応することが、習慣や意味を作り出すということを研究しました。そういった分析が好きでもあるので、イメージのひとコマひとコマにおいての、明解な表現をこの芝居で目指しました。観る側がその内部に起こるエモーションを感じとれるように。


::::::::::::::::::::::::::


ベンの髪の毛…誰も言ってあげなかったの?
途中出てくるベンの腕芸、なんだかスゴイかも。


Thanks Whishawben! for this info.

" 1 " today !!

ben by the window

気がつけば、ブログ1周年。いつも来ていただいてありがとうございます。
Mr.BWの魅力に、これからも振り回されていくことになりそうです♪

Yes!! It's been one year since I started this blog.
Thanks to all that are visiting my blog!
Mr. BW's magical power keeps me going!

昨日の話の続き…

Cock_Ben3.jpg
とても素敵…でも、パーティという雰囲気からは程遠い。
”Cock" Opening Night Party@Royal Court Theatre - Nov.2009

Cock_Ben1.jpg
荷物が足元に。帰る直前か。なんともユルーい写真。

Cock_Ben2.jpg
共演者たちは、楽しそうにパーティ・モード♪ ベンは、コートすらも脱いでない。
Search form