Ben will play a woman!!

20110831_Ben Whishaw


The Interview is here!! インタビューはこちらっ!

内容をちょっとかいつまむと…

The HOURのフレディーとは違って『Guardian紙のクロスワードをやったりしますが、最後まで終わらせたためしがないんです。ちょっとイライラします。』

ベンは"Cloud Atlas"で女性を含めた3役を演じる予定で、他の出演者も性別や人種をとっかえひっかえで何役か演じるらしい。そしてベンは、ウワサにあったミュージシャン役で、ピアノを披露してくれるみたい。
本人いわく『ピアノはずっとやりたいと思っていて、そのきっかけが出来てうれしい。映画で必要なパートは弾けるようになりました…イイ線いってると思います』だって!

テンペストでは、『乳房をつけました(笑)。僕のマリリン・マンソンおっぱい!シェイクスピアの時代は、すべて女役を男優が演じてた…そんな時代に惹かれますし、自分でもトライしてみたいと感じます。性別不明の役をやるのは好きです。テレビではちょっと無理かもしれないけれど、舞台でだったらきっと美しく演じられるような気がします。今の時代は(芝居の形式よりも
)形にこだわらない表現、雰囲気を大切にする傾向があって、役者個人そのものが露出する傾向にあるのでは。』


映画パフュームに続き、再びドイツでの撮影について。
『当時ドイツ語を少しだけ覚えたけど、全部忘れてしまいました。覚えているのは、ちょっときたない言葉というか…攻撃的な言葉だったりします。たとえば”我慢できない!こんなこと出来ねーよ!”みたいな感じです。』


::::::::::::::::::::::::::

映像化不可能じゃないか…と言われていたらしい"Cloud Atlas"。どんな内容なのか小説を読んじまいたいところですが、映像を見て必要以上にガッカリするのが怖いので…なんだか少し弱気…映像を原作として見ることにします。

"All Signs of Death" clip by Alan Ball

All Signs of Death_5

http://vimeo.com/22981378

It looks really good, doesn't it? It's a shame that this project won't go ahead...
This video has been released by Ron Yuan who is one of Ben's co-star in this drama.
Someone kindly informed me about this video! Thank you so much!

こんなクリップがあったなんてー!
ベン、とっても素敵なのに、パイロットだけなんて残念すぎる。
このクリップは共演のRon Yuanが自身のプロモーションとして発信してるみたいです。
ベン君、アメリカンアクセント、がんばってます♪
ベン・ファンの方がこのクリップのことを教えてくださいました。ありがとう!

All Signs of Death_1
All Signs of Death_2
All Signs of Death_3
All Signs of Death_4

"The HOUR" まだまだ余韻が…そして謎も…

moneypenny.jpg

james.jpg
"Good work, James"
"You too, Moneypenny"

アビさん、二人にこれを言わせるために、最後までストーリーをひっぱってきたのだと思う!過激とも言える大仕事を終えた二人の間で、暖かいものが交差する素敵なシーンだった。

まだ『The HOUR』最終回の余韻に浸っている最中、と同時に、謎だったものがだんだん解けていってます、私なりに(笑)。内容としては、賛否両論あるけれど、まず画が美しかったし、いつもとは違う空間にもっていかれたのは確か。コミカルで政治的かつ社会的な人間模様も盛り込んだ、エンタテーメントとしてとても意味のある作品だと思う。同時に、このドラマで描かれてることは、今リアルタイムで私たちを取り巻いている事件や現象と何も変わっていない…世の中って、人間って変わらないなと再認識させられた。

何事にも真っ直ぐに立ち向かうフレディーが発する言葉には、今の時代にも共通する真実があるし、ときには鉄砲玉のようにシャープで熱く、ときにはシャボン玉のように繊細な彼を、ベン自身が持つユニークな個性、身体性そして演技力で最後まで魅せてくれました。いつもそうだけど、今までになかった役柄を披露してくれてありがとう!!

しかし、この折り紙…何を意味していたのか…。ルーシーの証?

origami.jpg

Read more »

"The HOUR" シリーズ2 決定!!

GOOD NEWS!!
According to Cultbox, "The HOUR" will return in 2012 for Series2!!
here! こちら!

BBCは"The HOUR"シリーズ2の製作を発表。2012年に放送の予定。メインのベン、ロモラ、ドミニクはそのまま出演するとのことで、ニュースとセレブとの関係なども盛り込まれる模様。上記のサイトでは、"The HOUR"セットデザイナーのインタビューもアップされています。

:::::::::::::::::::::::::

うれしいー!フレディーにまた逢える!誰に対しても妥協せず向き合い、怖いもの知らず。危なっかしくって、周りをイライラさせるかと思えば、守りたくなっちゃうようなナイーブさも持ち合わせてるかわいい奴。後半、ヘクターと、ジャーナリストとしての友情、尊敬が芽生えていくのが微笑ましかった。ってゆーか、基本的にヘクター、いい奴。

シリーズ2では、フレディーに恋しちゃう女子が登場して、ベルが嫉妬する…という、ちょっとミーハーな三角関係を希望(笑)♪
で、Lixも心穏やかでなし…みたいな?どう?どう?

ベンがそんなモテるキャラ演じたことあったかな?そういう路線じゃない…っていうのは本人も思ってるかもしれないけど(失礼なっ)たまにはそんなのも見てみたいような気がします☆

Freddie Lyon

"The HOUR" episode6 ......and Meet Freddie!



from hierarchia Thanx!!

The HOUR....The End

The Hour 6-3
The Hour 6-4

エピソード6、凄かったです。後半、息つけませんでした、本当に。って、ゆーか、いきなりどうしちゃったの?っていうテンション。

どう凄いかっていうのが、私の頭の鈍さ&英語理解力の無さもあり頭が混乱して、とてもじゃないけど説明できないのがくやしいのでありますが(泣笑)、とにかくドラマ後半の展開は…今、ここで語るのがもったいないくらいです。

しかし、どれだけ事実とフィクションがミックスしているのか…ちょっと都合よくないか?っていう点も数々ありますが、ドラマとはそういうものなのでしょう(笑)とにかく脚本家アビ・モーガンの勇気と創造力に乾杯。とはいえ、アビさん、もうそれはそれはフレディー(ベン)のことしか目に入ってないかのような今日のエピソードでした(笑)。

シリーズの中盤くらいから、今回のようなテンションがあったらよかったなと思いますが、きっとこれはシリーズ2に向けてのウォームアップだったのではないか、と解釈。

ベン・ファンだから言うわけじゃないですけど、このエピソード、ベンの独擅場。みんなも画面から目を離せなくなって、息もつけなくなると思うよ~☆ ドラマとしての出来は…ここまで話を引き伸ばす必要があったのかと思いますが…ちょっと頭を整理させてください(笑) 

The Hour 6-1
The Hour 6-2

3匹が行く

The Hour 5-7
The Hour 5-8jpg
The Hour 5-10

from here! Thanks!!

:::::::::::::::::::::

なんだか仲良さそうで、いい感じです♪

しかし、明日で終わってしまう。謎がいっぱいなのに、1時間で足りるのか…。
でも、アビ・モーガンさんは、シリーズ2の脚本に取り掛かっているという記事を読みました。

"Cloud Atlas"情報

http://www.hollywoodreporter.com/news/cloud-atlas-wachowski-brothers-tom-tykwer-225835

撮影は9月中旬から始まるようで、ドイツ最大のフィルムスタジオでポツダムに位置するStudio Babelsbergでの製作になる模様。ウォシャウスキー兄弟、ティクバ監督各々のチームが、ストーリーの中の章を完全に分担して、同時進行で撮影するらしい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

記事読んでると、ハリウッドの大作よりは若干小規模とか、予算のことばかり言ってる…やーな感じ!(笑)手分けして撮影って…どうなんだろうぅぅう。テンペストのテイモア監督ひとりでさえ、あのチグハグさだったのに…。吉とでるか凶とでるか?

Filmstudio_Babelsberg_Entrance-Unify-500x375.jpg

http://www.studiobabelsberg.com/en/

Soul making



ジェインが言いました
『すべては、そこにあるってことを信じなさい。すべてはあなた自身の中に存在している。』…すばらしい考えだと思います。僕も今はそれを信じています…受け入れて、投げ出す…解き放つことを恐れない。キーツの"Soul Making(魂形成の谷)"と呼ばれる哲学が大好きなんですが…苦悩をくぐり抜けていく経験が、魂を熟成させる。それこそがこの世に生きることの意味…ジェインの哲学でもあると思います。

ベンが007次回作に出演?

http://screenrant.com/casting-bond-23-ripd-terrence-malick-sandy-128717/

もともと英国産作品ということを考えると、ベンがジェームス・ボンド役というのは絶対に無い!にしても、今イギリスで最も勢いのある俳優のひとりである彼が、何かの形でBond作品に登場するのも不思議はないけど、何かが間違ってるような(笑)。

ついに待望のベンのBaddie(悪役)姿が見られるのかな?書き込みなどにボンドと張り合うエージェント役に若手俳優起用云々っていうのもあったとか。そんなの、つまんなすぎる……って思うのは私だけ?

いかにも『悪』が似合いそうなJavier Bardemやこのところ役者として新規開拓目覚しい(ような気がする)Ralph Fiennesの名前がBaddie役として挙がっているとのことで、ベンはその一味に?そっちがいいな。

おまけに 
Bondfan Forumのサイト
『ベン・ウィショーはハリウッドで使い古されてないからいいかも』という意見あり。
Search form