ベン・ウィショー 『Bright Star』 インタビュー 2




アビー(コーニッシュ)との共演はいかがでした?

彼女と仕事できて、とてもよかったです。すごいインスピレーションをもらいました。彼女は強靭に独自の仕事の姿勢を貫き、また自分の直感をとても信じていて、いつもその瞬間に生きている人です。リハーサルなどや、準備に頼ることをあまり好まないのですが、本番では驚くほどすべてを開放します。そんな彼女を垣間見れたことは光栄でした。

ポール(シュナイダー)とは?

ポールは、また違ったタイプですが素晴らしいです。遊び心があって愉快で、縛られてなくって。演技する上で、彼がどういう方向から攻めてくるのかわからない…とうのは驚きです(笑)。

ポールとは旅行へ行かれたそうですが、面白いことがあったとか。

湖水地方へ行きました。ジェインの薦めなんですが、実際にジョン・キーツとチャールズ・ブラウンがイギリス北部の長旅をしたのを基に、僕らも山登りの計画がありましたが、現地は寒くて着いた時間も遅く、ちょうど人々も下山して来ている時間になっていたので、その代わりに畑などに行って迷ったりして、当初の計画とはかけ離れてしまいましたが、それはそれで、すごく楽しくってポールとは親密な関係を築くことができました。

Twitter、facebook、Hotmailなどでの交流が氾濫している時代ではありますが、この映画は人間同士の交流における親密さや繊細さを深く描いていると思います。現代社会において、あえてそのようなことを提言している作品に巡りあって光栄に感じています。

Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form