ベン・ウィショー 語る指

sometrace of her


* * * * *
『...some trace of her』(National Theatre 2008)でのリハーサル。
ベンの指の長さにはびっくり、ウットリさせられる…。手の骨格もなんとも言えないっ☆
しばしの、ご鑑賞をどうぞ…。

Comment

うららさん

私もっ!かーなーりの手フェチです。+声フェチ…電話で話してる分にはうっとりしちゃうなーって人と、ちょっと仲良くなったこともあったりして…私もイケナイ子!?

ベンの好きなところ、見事な代弁ありがとうございます~☆
ブライト・スターの中で、ブラウンがキーツに対し『この小さな手でこの詩を書いたんだなああ☆』って暖炉の前に言うシーンがありますが、ベンの手って意外としっかりして大きいから、ちょっと斜め映しで小さく見せてた感じがありましたね(笑)

手のみならず、外見、心も美しいベン君。そして才能もバツグン。
どこに非がありましょうかあ。(ファンの欲目♪)

本当に

うっとり見とれます。フロスティな白黒というのもいいですね。

(私、手フェチで以前若いとき、手だけで妻持ちに惚れて、一度だけデートしたことまであるイケナイ子!笑)

ベンの手って体に似合わず大きくてしっかりとして指が長いので、何だか安心感がありますよね。(抱かれても手をにぎられても・・・きゃ)
手って、人格とか知性まで現れるような気がしますそしてその人の歴史とか。。。。。

あばたもえくぼでベンの好きなところを挙げていけばきりがないのですが、
目、声が最初にきて・・・そして手、鼻の形、髪、首の長さ、全体の細さ・・・肌も歯もきれい。(ああ、結局全部だ・・・・・ファンの欲目と笑わば笑え~)

魂がスウィートで、スピリットは男前!

ああ、またバカなひとりのろけを失礼しました (ペコっ)

はーやさん、きれいな写真をありがとう ♪

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form