ベン・ウィショー 舞台と映画の違い

ben_Royal Court

ブライトスターの撮影が終わるまでに、彼は、いかに異なった演技のアプローチを(今後一緒に働く)監督に披露できるようになれるか習得したいと思った。そういったことに手馴れている、共演のファニー役のコーニッシュとキーツの親友役のポール・シュナイダーを彼は観察した。しかしながらウィショー曰く、彼が舞台出身ということが、多分そうした表現をする上で、足かせになってると感じた。『ダスティン・ホフマンと(映画・パフュームで)仕事をしたとき、映画俳優はとても発想が豊かだと感じました。彼らは、たくさんの、もうーすごいたくさんの表現の仕方をします。その中からより良い表現を見つけていく。しかし、舞台ではすべてが正解でなければと思ってしまう…それは映画の世界では重要なことではないんです。時には失敗もあり、失敗をする中で正解が見つかっていく。その違いを分かっている監督となら、そういう段階を踏むのはとても意味のあることです。』

By the end of filming on "Bright Star," the actor says, he wanted to better understand how to offer very differing takes to his directors. He observed that his co-stars, Cornish as Fanny and Paul Schneider who plays Keats' friend, were good at it. But, says Whishaw, perhaps because he has a theater background, he was finding himself stuck in a groove. "I felt that with Dustin Hoffman when I worked with him [in "Perfume"]—film actors are very inventive, and they do lots and lots and lots of different things. And some of them will be better than others, and that's okay. But, in theater, you feel like you've got to get every take right, and that's not essential [in film]. Some of them can be bad, and sometimes you've got to go through the bad ones to get to the good. As long as you have a director who knows the difference, that's a useful process."

http://www.backstage.com/bso/content_display/news-and-features/e3i719dc07a203bf2ec682907fc463750ab

Comment

うららさん

確かに昨年末のCockの時は、『なんか、ベン乾いてる…』っていう印象がありましたよね(笑)。あの時期、本来製作が予定されていた映画『Kill your darlings』の撮影が、あやふやになり、スケジュールが空いたからやってみちゃった…って感じがあって自分ではちょっと迷いがあったのかな?あと、あの芝居スペースが窮屈な上、出ずっぱり、芝居途中で鼻かんじゃうくらい体調悪そーって感じもありましたね。

でも、最近は大丈夫そう☆ もうすぐお誕生日だし、テンペストも公開になるし、エンジンかけてさらにいい露出をして欲しいですね♪

ベン、本当に Thinker だな

ブライト・スターが終わってからのインタビューで、なんだかとっても大きな自己変革があったようなことは言っていたので、ベンがここで言っているような気づきみたいなことはあったのだろう、と思っていました。

でも、ブライト・スターのあとの映画はテンペストだったから、芝居をするというよりはビジュアル・エフェクトに頼る映像で、演技力というより映像映えみたいなものが要求されて、なんとなく欲求不満が残ったのでしょうか?

去年の舞台 Cock のとき、とても精神的につらそうな感じを受けたので、一種の壁にぶち当たっているのかもしれないとも思っていました。私がこの間訳したインタビュー記事の中でも、文芸物役者だと人から決めつけられないようにそろそろ他のことをしたいとも言っていました。

それでいくと、All Signs of Death はいい脱皮の題材だったのかしら・・・?パイロットが通ってオンエアされて早く日本にも来て☆いです!!自分でも「いい感じ」と言っていたというのならなおさら。。。






Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form