ベン・ウィショー at the BAFTA award Feb 11, 2007

http://www.youtube.com/watch?v=WlGaQhiKMNg

Ben Whishaw with Ruby


Ruby Wax(アメリカのコメディアン&コメンテイター。よくイギリスのメディアに登場してる) : こちらに俳優さんが来てます~
(一度軽くNOと言ってるベンに向かって『ここに来てっ☆』というRuby。)

Ben: ハロー、またお会いしましたね。

R: 私の友人ベンです。一緒に酔っ払ったことがあったわよね。

B: そうですね。(丁寧に画面に向かって)

R: あの時、どんな話をしたのか、ちょっと思い出してみましょうかー。

B: 映画について、話をしましたよね?どこ向いて喋ったらいいんですか?
(一応、俳優らしくカメラの位置を気にする几帳面なベン)
映画を分析してましたよね。

R: 酔っ払うと、同じこと何度も繰り返して喋るのよ、私。

B: スッゴイ、酔ってましたよね。

R: あなたこそ、最後の方で私のことを見つめたりしてて、かなり酔ってたに違いないわ。

B: イヒヒヒー

R: ベンは映画パフュームで素晴らしい演技を披露してます。

B:ah-ha.

R: 処刑台のシーン…街の人々を総動員しての(衝撃の!)観衆シーンではどんな感じでした?

B: あの撮影にはすごく時間がかかりました。でも、自分の登場シーン撮影の時には慣れてきてしまって…何てことはなくなってしまってました。

R: ところで面白いことに、あなたはネコを繁殖させるのが好きなんですって?

B: ただ、ネコをたくさん飼ってただけなんですけど。別に増やそうと思ってたわけじゃなくって、彼女達の意思で増えていったんです。(ベンの言い方が面白いっ)

R: 強制してるわけじゃないのね(笑)

B: いいえ、いいえ。

R: でも、好き放題させるのは違法よっ。

B: えっ、そうなんですか?でも、彼女達を止めることはできませんよ。

R: 今、家には何匹いるの?

B: 今は2匹です。以前は13匹いました。

R: 狂ってるわね。

B: あなたもですよ。へへ。

R: 今日は、何にノミネートされてるの?

B: 『Rising Star』

R: これはどういった賞なの?

B: よくわかんないです。誰にもわからないんじゃ?へへ。

R: あなたに栄冠があることを祈るわ…他の人にもだけど。私は、あなたに賭けてるわ。
また、一緒にハメをはずしましょーね。

B: Yeah.

: : : : : : : : : :

ベンがおちょくられながらも、淡々とジョークを交え話す姿がかわいすぎる~。
ああー、ベンと一緒に酔っ払いたいっ☆

Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form