ベン・ウィショー 影響を与えた一人に挙がる!

昨日の、英『Evening Standard』紙の特集『2010年英国・影響力のあった人々』の演劇部門での一人としてベンが選ばれていました。著名演出家、劇作家などに混じって、俳優としては他にBenedict Cumberbatch(ドラマ『シャーロック・ホームズ』は必見です!)、Mark Rylance(舞台『エルサレム』で好演)、 Ian McKellen(大御所)、 Rory Kinnear(舞台『ハムレット』出演中)、 Ruth Wilson(唇が魅力的☆最近ではドラマ『Luther』で怪演)などの名前も挙がっています。

* * * * * * * * * *
ベン・ウィショー 俳優

苦悩を演じさせたらウィショーの右に出るものはいない…映像では『Brideshead(情愛と友情)』『Bright Star』、ローヤルコート劇場での『Cock』、ブロードウェーでの『The Pride』。古典劇舞台への再登場が望まれるところだ。

Ben Whishaw, Actor
Nobody does fine-featured anguish like Whishaw, on screen in Brideshead and Bright Star, at the Royal Court in Cock or on Broadway in The Pride. A return to the classical stage is hoped for.

* * * * * * * * * *

苦悩を演じる人…ベンの代名詞になっちゃった?
古典劇への再来!私も強ーく望むところです。

146526.jpg

"The Pride"

http://www.thisislondon.co.uk/standard-home/article-23897752-londons-1000-most-influential-people-2010-theatre.do

I got this info from here! http://whishawben.tumblr.com/

Comment

atsumiさん

ベネディクトさんは、個性的な風貌から特異な役が似合うって感じがありますが、彼のコミカルな現代風シャーロックは適役だと思います。彼ってこういう表情するのね~っていう意外性もあったりしますし。

苦悩の人を沢山演じても、ベンは彼なりのはずし方でいつも面白く見せてくれるような気がします。どことなくコミカルな要素が湧き出てしまうような…(笑)本人もコメディをやりたいっていう発言をしてましたが、近い将来オフビートなコメディでのベン見たいですね♪

フェードラ…昨年だったかヘレン・ミレンがドミニク・クーパーと共演でナショナル・シアターで上演されてました。ベンと言えば、ハムレットの時の『この23歳の若者は、まるで赤ん坊の時からシェイクスピアの台詞をを喋っていたかのよう…』という評価があったように、シェイクスピア劇での彼の発する台詞には専門の人にも衝撃的な響きがあったようです。来年はテレビでの仕事が相次ぐ模様のベン君ですが…すっごく楽しみ~…その後は~きっとすごい舞台が待ち構えてるような気がいたします☆

No title

ベネディクトさんはあーんまり好みではないのですが「シャーロックホームズ」必見ですか?やっぱり…。うむーとりあえず買っておこうかしら。
『苦悩を演じる男』確かにそうだけど、私はコメディも見たいですね。オフビートな感じが似合うように思いますがはてさて。
古典劇は未見ですが、フランスの古典などもイケるような気がします。ラシーヌの「フェードラ」とか。
とにかく選出おめでとう!

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form