ジョン・キーツ ゆかりの場所 in London

『Keats at the Globe』
keats on the globe

キーツが生まれたというLondon東部ビジネス街・Moorgateにある『Keats at the Globe』という名のパブ。そんな名前だからして『ブライト・スター』映画公開前から、このパブの前をたまに通るたびに、何かイベントのお知らせなどがあるんじゃあないか…と覗いていたのに、な・の・に…なーんにもなかった。映画のことも、ここの店主知らなかったんじゃないだろうか。商売っ気のまるでない、イギリスの典型みたいなパブだ。

まあ、イベントと言ったって、キーツを偲びながら飽きるまで飲もう!って類のものだろうな。みんなでビール飲みながら、ポエムを語る(えっ?)…そんなひと時が、あってもいいのに…。


『Keats House』
keats house

こちらはハムステッドのキーツハウス。今はキーツ博物館みたいになっています。撮影には狭すぎるということで、映画には使われなかったということですが、映画で使われた衣装の展示があったり、昨年12月21日には映画公開にちなんだイベント『キーツの夕べ』が開催され、ベンが詩の朗読&映画の音楽担当のMark Bradshawの演奏などの披露があったよう。あー、キーツ友の会…あるのかどうか知らないけれど…入っておけばよかったかな。

もう目と鼻の先に、映画にも出てきたハムステッド・ヒースがあったりして環境は抜群。ブラウンが夏の間だけ、人に貸して高収入を得ていたのだろうな~というのは容易に想像できる。今の季節、最高です。

Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form