Benを観たかったのに…

frankenstein.jpg

と、言っても今日のBenはBenedict Cumberbatch氏(ベネディクト・カンバーバッチ=最近ではドラマ・シャーロックでお馴染み)。National Theatreでの『フランケンシュタイン』を観にいったのですが、肝心の!肝心のBen氏は休演だったの~(泣)。彼の生声を聴きたいだけで取ったチケットだったのに~。

Johnny Lee MillerとBenedict Cumberbatchが日替わりで『怪物』と『フランケンシュタイン博士』を演じるというのが呼び物で、演出はDanny Boyle、音楽はUnderworldという面白い企画の芝居。いきなりJohnny扮する怪物が素っ裸で登場。怪物らしく特殊メイクを体中に施してはあるものの、あんなに素っ裸でいいのか…と思うくらい、すっぽんポン。体中の毛もきれいに剃って、時にはギラギラの照明の下での演技。凄かった。観る方がこんなに緊張していいのか…と思ったけど、次第に私の目も慣れていって。Trainspottingのヘラヘラしたチンピラ役が私には印象的だったJohnnyなのだけど、そんな予想を裏切って骨太(体もね)だけどとてもチャーミングなJohnnyの怪物に惹きこまれていった。そしてとても華がある!カンバーバッチ氏の代役の役者さんも、すごいな…ちょっと声がソフトすぎるかな…若いな…と思ったけど、最後まで安定した演技を披露していた。あれがカンバーバッチ氏だったら、Johnnyとの絡み、もー最高☆…かもしれない。

そして、とにかくステージセットが気に入った。円形の回り舞台を上手く使い、中央から背中あわせでで全く違うシーンが巧みであったり、その舞台を斜めの状態にしてセットを組み、映画の『カルガリ博士』をちょっと髣髴させるシーンもあった。また、天井から千個くらいの様々な形の電球がぶら下がっていて、それらが鏡に反射したりする効果が素敵だったり、全体的にシンプルだけどアイデア満載のセットだったように思う。

しかし…ベネディクト氏の出てる日を願って、当日券を狙って(チケットは全て売り切れ中)また観にいくべきか…。

今日の教訓:
長丁場の舞台では、初日から数日のうちに、観にいくべし。いつ何時、主演が調子悪くなって休演するかわからないから(笑)。

http://www.nationaltheatre.org.uk/63286/productions/frankenstein.html


Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form