"The Hour" preview @ BAFTA

しょっぱなからベンのアップで始まります! トレーラーにあった台詞”The newsreels are dead...”と、ともに。

もう、何から話していいかわかりません、と同時にテンポも速く、どれだけきちんと話を把握してるか自信ないです(泣笑)が、第一話は、ベンがとにかく圧倒的だと思います。新たな表情満載&透き通った瞳が放つ”目ヂカラ”が眩しくてチャーミング。

ネタバレになってしまうかもしれませんが、もうちょっとだけ。

ロモラは、この役をオーディションで勝ち取ったらしいのですが、ベンの切れ味に対し、なんか野暮ったいかな~という感じで、相応のキャリアウーマンに見えないなあ、残念。でも、これから変身を遂げていくのか。

ウェスト氏は、親父系下心たっぷりのTVパーソンをチャーミングに演じてます。これから、彼の裏の部分が明らかになっていくような感じもしますが、どうなんでしょう。

ビッグスクリーンでの上映後、脚本のアビー・モーガン、ダイレクターなどのQ&Aがありましたが、出席した3名の製作チームは全員女性!もちろん男性ブレーンも沢山いるのでしょうが、Women Power強し!そして、そのQ&Aにはロモラとドミニク・ウェスト氏も参加。ベン君は、来てませんでした…残念だけど、まあいいでしょう。

『同じことは繰り返したくない』と、ベンが言っていたように、このドラマには今までのベンはどこにもいない気がする。そして、遂にベンの時代が来たんじゃあ?これをステップにしてリチャード二世。ベン君、バッチリじゃないですかっ?

今日はこんなところで☆

:::::::::::::::::::::::::::::

The drama starts with Ben's close up, talking to himself "The newsreel are dead......."

The first episode is a truly Ben's showtime..I guess.
His colourful facial expressions we have never seen are all over..very very exciting character.

Ben once said that he did not want to repeat same kind of character...it is true.


Rev Stan tells more!

Comment

うららさん

舞台から本当に遠ざかるばかりのベンですが、活躍めざましくなる一方ですね。イギリスの若手俳優がこぞってやりたがるような役を次々射止めてるなーっていう印象が強いです。っていうか、ピンからキリまで、すごいオファーが常にきてる感じもしますね。この前たまたま読んだアメリカのインディー系なフィルム監督が一緒に仕事したい俳優として、ただひとり『ベン・ウィショー』を挙げてました。あー、名前メモっておけばよかった。

The Hourは、6月に放送らしく、多分The Crimson Petalのごとく、すぐアップされるんじゃないかと思いますよ!とにかくBBC一番の目玉になっていて、昨日のプレビューでも力が入っている印象を受けました。

ベンは人気が出ても、どこ吹く風で、きっとサラリとインディーな短編映画とかやっちゃう人ですよね、きっと☆

観たいなあ~ ☆

はやく!!

考えると、昨年のブライト・スター以来1年間おあずけ状態。。。
テンペストは観られるとしても、もおもお待ちきれない!!

舞台にも1年以上、立ってないし。。。

でも、やっぱりベン 売れっ子で、しっかり選んでますね、作品。


このドラマのフレディ役、
そんなに見たことのない演技なんて、、、たのしみすぎゅるるぅ。
早く~!!Come o~n !

Crimson Petal みたいにすぐに YouTube アップされるかしら・・・?

これがアメリカにもオンエアされ、CLOUD ATLAS でメジャーものにも出、その勢いで、All Signs of Death も・・・ってことにはならないかしらら。。。ら

時代の人になったらなったで、手垢が付く感が出るから今のスタンスでもいいけど、ベンには手垢が付く心配もないような気もする。。。。。

常にチャレンジャーで、違う山を選んで登るから。








Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form