待ち遠しい♪

The Hour_ ben close up

うららさんの情報により、The Hourを製作する会社KudosのPRフィルムからキャプチャー。一瞬だったりするのでインベーダーゲームのごとき、キーを押しまくりまくりまくり…で撮ってみましたっ!

今までにはなかった雰囲気のベン…ふーっ…素敵…☆

http://www.kudosproductions.co.uk/

Comment

atsumiさん

そうだったんですか!モーガンさん、なんだかスゴイ方!骨太かつすごく挑戦的な脚本を書く方のようで、本当に注目ですね~。

ちなみに、先日の"The Hour"プレビューのQ&Aで、今回の脚本は撮影と同時進行で書いてたと、語っていました。実際、撮影現場の建物内の一室で、追われるような緊張感の中で書いてたようです。

ベンが年末にグラストンベリーで、作家および他の俳優たちと一緒にWriters Retreatという感じのホリデーを送っていると、その近所の住人の目撃情報みたいな感じでTwitterだかの書き込みを見かけましたが、多分それはモーガンさんを含めるドラマの出演者たちと一緒に脚本のブレインストーミングみたいなものも兼ねていたんじゃー?なんて想像してしまいました。

とにかくまずは”Hunger”…近いうちにぜひDVDを借りて見なくっちゃ。

アビ・モーガンさんたら。

McQueen監督とマイケル・ファスベンダー(当分『Xメンの』と頭に付いちゃうんだろうなあ)という私にとっては最強コンビのHungerに続く新作『Shame』の脚本がモーガンさんなんですねっっっ!うわー見たい!ファスベンダーのインタビューによるとかなり意欲的というか問題作というか、Hungerと同様こちらがドキドキする作品になっているとか。
The Hourも見ぬうちに、アビ・モーガンさん、私の中ではもう既に『花丸急上昇&要チェック』人物と化しております。

うららさん

いやあー私、しゃべりたくって、ネタバレがんがんしたくってたまんないんですよ~(笑)とは、いえ、ストーリーのカギを握るネタバレっていうのは、まだ無い気もするんですけれど…うららさん、もっと聞いてくれます??

そう!あのロモラの顔も、溶けちゃうようで、なんかいいケミストリしてますよね。

元カノとは、もうーすっかり終わってて、ちょっと気にかけてる友人同士っていう関係になってる感じなのですが…うららさん、ガッカリ?…でも、その元カノが何か秘密を握っていて、フレディーは例のスエズ問題ですか?の裏事情にズボズボと…という展開っぽい感じです。

フレディーは今のところ硬派というか、ベルはボスっていう肩書きではあるけれど、二人で言いたい放題。なんか、姉が弟と喧嘩してるような感じで、かわいーっす☆

ありがとうございます♪

どんどんまた先読みして、自分でネタばれを招いていますが、待ちきれないのではーやさんにまだまだ口を割らしてしまいそう・・・笑。

フレディもしゃ~わせそうでしたが、ベル(ロモーラ)も恍惚感漂う表情じゃありませんでしたー?(心なしか、『ダンシング・ハバナ』のディエゴ・ルナとの時より萌え感が漂っていたような・・・いや、これは単に私の嫉妬ごころの成せる技・・・?再笑)

何だか、その元カノの話って、All Signs of Death を思い出すような、暗い過去を払拭するために、今の仕事にがむしゃらになる・・・みたいな・・・?

まあ、そういうのがドラマの素、味の素・・・・ですね。

たのしみだなあ~ ♪ × 100万~回 !!!


(写真)フレディーにお伝えください。
My door is always open. Don't hesitate to let you in.
と。。。

朝の出勤前に何をまた不謹慎なことを・・・・・ワタクシ。。。おっほほっほ ほ ☆

うららさん

あの楽しそう~シァーワセそうなフレディのダンスシーンは、第一話には無かったです。これから、どんな踊りっぷりを見せてくれるんでしょうー!楽しみですね。

首吊りの女性は、フレディーの元カノだったらしき女性で、あのシーンは彼女のステイ先のホテルで何者かに襲われて…ということで、ピンクのドアはまだ出てきてません(笑)

うららさん、フレディーからの伝言です。
"僕もうららさんのところに、ぜひ遊びに行きたいので、ドア開けて待っててね~♪"

きゃ~あ、

はーやさん、ありがとうございます ♪
いいなあ、キャプチャる方法をご存じで・・・(情けな泣笑)

あそこに映っているのはすべて第一話からですか・・・?

首吊りの女性を助けようとしてるのもフレディですよね。。。
(あそことかのシーンがピンクのドアの住人なんじゃ・・・?推測)

とにかく、あのダンスの、心得た踊りっぷり ♪ 男っぷり? (全部みてないけど・・・)が憎いくらい粋じゃありませんでした???! ベンもすみに置けないなあ、っぽいとでもいうか・・・(笑)

(そのうち、このお写真をうちにもお招きしてもいいですか?)

ともあれ、インベーダーゲーム、ご苦労さまでした ☆

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form