caps from "The HOUR" episode 4

The Hour 4-1JPG
The Hour 4-2
The Hour 4-3
The Hour 4-5
The Hour 4-6
The Hour 4-7
The Hour 4-8
The Hour 4-9
The Hour 4-11
The Hour 4-13

ロモラと一緒よりこっちの画の方が断然萌。
この男の裸にかなーりの価値を見出してるBBC…女監督だけによくわかっている(笑)。




Comment

うららさん

『監督が回ごとにコロコロ代わる連続ドラマよりも、一人の監督が最後まで仕切る映画の方が集中できて好き』というような俳優さんのインタビューを読んだことがありますが、テレビは中堅の監督に将来のチャンスを与える登竜門で、そこで認められれば映画界へ進めるみたいなものなのでしょうか?確かにシリーズを全部受け持つってすごいプレッシャーもあるかもしれませんが、見る側からしたら数人の監督の個性みたいなものを比較できる面白さもありますね。

The HOURに関して言えば、4話は濃かったですね~☆ 謎が多すぎて、あと二話で、全てがまるく収まるとも思えず、Bright Stoneのほかに謎のキーワードが出てきたりして…to be continued...ってなるんでしょうか?

回を追うごとのフレディーの苦悩とともに、ちょっと引き気味の“間”の表現をたくさん見せてくれて目が離せないです~。話し方も、1話、2話で見せていたルースの事件に入り込む前の弾けたフレディーとは違うものになってきてる感じで、フレディーの内面の変化がかなり投影されてるような気も。

うららさんもご指摘の、ひょうんなことからヘクターとベルの関係を知ってしまった時のフレディーの一連の表情の揺れっ!ムリヤリ笑顔を見せたりしながらも大人な対応。で、ヘクターの原稿の添削まで快くやっちゃって!

あのときの片手ずつ平泳ぎをしてるような足の運びがなんだかかわいかったり、下向き状態の猫背になってたり、フレディーというキャラクターが、体全体の表現も含めて一段と面白みを増してきてるように思います♪

そういえば、第三話の最後のMr.Kishとのもみ合いで“Bright Stone”なんだよなああ?って問い詰めたときの“当ったぜ!”みたいな極限状態の笑い…あんなちょっと狂気入ったフレディー、もっと見たいな♪

来週は、どんな表現が飛び出すやら…☆☆☆

4話でやっと乗れました

なんなんでしょう?監督が変わることもあるのでしょうが、脚本のせいか、演出のせいか、演技のせいなのか・・・?

そういえば、TBS でも昔、続き物で回ごとに演出家が変わるっていうのはよくありましたね。チャンスがないから、1作で何人も育てるとか?それとも忙しいからか、1,2本やってみて上手くなくて替えられるとか・・・?(よく知らないで言ってます)

特にこの回での、ベルがヘクターと出来たと知ったフレディのしょんぼりぶりが愛おしくて、やっぱりベンにはvulnerable, fragile こそが似合うのだわ~と、再認識!1話、2話はarrogant な饒舌ぶりが鼻につくフレディでしたし、ベンに無理も感じました。。。

ベンは今までとはかけ離れた違うキャラにチャレンジしたかったんだと思うけど・・・

ヘクターに「ベルとできたことを誰にきいた?」ときかれてからの、ショックで落胆して涙目で下向いて煙草に逃げるところとか、誕生パーティで酔っ払ってベルと店の階段に座っていい感じで話しながら、「ヘクターはやさしくしてくれるのか?」とか、「どんなに Exquisite か言ってくれるのか?」とか、もおもお、胸が詰まりそうどした・・・!

そして、ヘクターが来てしまってからの、負け惜しみで本心をかき消すような、「You should dance with this woman ・・・」でしたか・・・?(きゅう~ぅん!)胸がちぎれそうどした・・・!

それを助ける、Lix の 「Come on dear boy, the glorious woman is taking you away 」!!!
くう~ぅ、かっくええ☆ あれを言われただけで、私がフレディでも、Lix と寝るかも・・・(笑)

と、ここら辺がツボどした。。。あと、Twitter でも誰か言ってたけど、探偵のように、探ったり、沈思したりのシーンが多いので、ベンの facial expression がたくさん観られるのもご馳走です。

早くも残すところ2話となっちゃったんですね。。。ああぁあん、さびし。。。!

うららさん

すでにepisode4ご覧になってますよね~☆

まさかLixとぉお?なんて思ったら、あまりにもあっけなくいい感じのシーンに突入してドッキドキしちゃいました♪ ロモラとダラダラやってるシーンより、よっぽどナイス!かな、なんて。若いツバメと男前な女、これは熟女揃いの製作側(監督、プロデューサー、脚本など)が狙ってたとしか思えませんね。

でも、再度調べたら2話までがプレビューの時に来ていたCoky Giedroycっていう女性監督で、その後は男性の名前になってました。このGiedroycって方は『シャーロック』のパイロットも撮った方で、本編は他の方になったようですが、すでにパイロットの時点で本編のような空気感やテンポは出てるなと感じました。これからさらにいい作品を手がけそうな監督さんみたいですね。

でも、The HOURの3話、4話ときて…ベンが脱いでるっつーのに、それぞれ別の男性監督っていうのが、うふふ。オレに撮らせろ!なんて内部で取り合い?まさか。なんでそんなに変える必要があるのかな?テスト的に色んな人を試してる?

しかし、あんなに華奢なのに、肩幅はなんとなくしっかりしてて、肌も麗しく、大変見ごたえあるベンの裸でございます☆

まあ、まあ・・・

このおなごはどなた・・・???

Lix さんにしては細いし・・・、初登場・・・???

ベン、もおお~、オンナもオトコも虜にする御ヌード☆
本当に絹のような肌つや・・・
放っておけない裸・・・
あの濃い髭からは想像のできない体毛のなさ・・・(笑)

ドラマからははずれたところに価値を見出す自分が悲しくも愛おしい(バカ・・・)

女性監督だからなんですね。フィルム・ノワールにしてはテンポがゆるいと思いましたら・・・


Epi 4 も、すぐにアップされるかしら~??

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form