Feddieについて by Abi Morgan

Abi Morgan talks about the concept of Freddie etc...
here!

:::::::::::::::::

スケジュールがきつい中で脚本を執筆していて、実際に撮影現場でも書いているような状況だったのですが、ベンの演技を毎日見ているうちに、イメージが広がっていって、後半からは、彼の創り出すイメージに重ねて書くようになっていきました。フレディーはロックしていて、ちょっと尖がっていて。確立された階級社会の中で奮闘する、ワーキング・クラスヒーローっていうイメージ。皮ジャン羽織って、そっぽ向いてるギンズバーグっぽくもあり、ちょっぴりジェームス・ディーンのような。ベンは、すごく知的な役者で、とてもよく話す。あんなに喋るキャラクターって書いたことないんですよ。あれだけこなせる役者って少ないと思うんです。ベンのインテリジェンスをもって役をさらに発展させていってくれると願っています。

:::::::::::::::::

ベンの演技を毎日見ながら脚本を書くなんて…鼻血が出ちゃいますね~。
確かに、前半の落ち着きのなさに比べ、後半からの方がベンの本領が出てきてるような気が。
フレディーの内面の成長というべきか…。

dd-tv-hour17_ph_0503956536.jpg



Comment

うららさん

どこかのインタビューでアビさんは『実のところロマンティック・コメディも好きなので、The HOURでは今までの作品よりも政治色をちょっと控えてエンタテーメント性を狙っている』と語っていたりして、シリーズ2が実現するならばヘクターの恋愛スキャンダル…これはベルとではないのかも…を絡めようかな…なんてことも言っていますね。同時に、ベルとフレディーの関係もダラダラとしながらも、お互い違う相手が登場するとか?…それもいいかも♪

ロマンティック・コメディを絡めるならば、もうちょっとセクシーな雰囲気作りが必要な気もしちゃうし…ベッドでジャンプなんていけませんっ(笑)!フレディー君も早口やめて、声も低めに、相手の目をジッと見つめてじらす…みたいなこともしてもらわなくっちゃ☆ シリーズ2、よろしくです~。

やっぱり?

って思いますよ。

私もアビさん、ベンに当て書きしてるんじゃないの?って感じのところが多々ありました。撮影と同時進行で、別室で書いてるっていうのもききましたし、書いていてベンのオーラをアビながら、シーンやセリフを設定したんですよ!絶対!ベン、それに応えてあの facial expression だったり、饒舌ぶりだったりしたんですよ。後半、とっても乗ってきたようにも感じたし。。。

ただ、そのために、折角の社会派ドラマ色も、サスペンス色もかなり薄れてはいると思いますが・・・(苦笑)

もしかして、アビさん、ベンともっと仕事がしたくて、第2シリーズまで持ち込みたかったのでは・・・?なぁ~んて勘ぐったりまでしてます。

一度消えたかと思っていた、ディケンズの映画のキャストにベンがまた浮上してきたのも、アビさんが脚本担当だからじゃないの~。。。。。?(笑)(どんな経緯にしろ、出る作品が増えたらうれしいですが。)

面白い記事を見つけてくださって Thanx !

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form