"Richard II" Preview screening@BAFTA

4月30日にBAFTAでの待ちに待ったプレビューに行ってきました。
ベンが演じる今回のRichard2世のキャラクター設定は、すごーく大雑把に言ってしまうと、聖セバスチャン、ブライズヘッドのセバスチャン、パフュームのグルヌイユ、そしてキリストが散りばめてある感じでしょうか。

全体的にちょっと残念だったのは、すべて実際の土地でのロケーション撮影ということですが、もう少し重厚感があったらなと思いました。今回、大きなスクリーンで見たわりには、『うはっ!』と息が止まるような歴史的な威厳とか空気感が、もう一押しだったような気がするのです。(…というか、全体にお天気すぎる(笑)。もっと英国特有のどんより模様の天気の方が合うのでは…私の好み…。)…

あと極度のクロース・アップを多用したりなど若干ユニークなショットも見受けられましたが、今まで舞台演出の専門だったグールド監督が映像で色々試そうと思って中途半端になった?みたいな、映像的に不安定な部分があったように思いました。(えらそうに。)

とは言え、後半のリチャードがアイルランドから戻り、ボリングブロークとの王冠をめぐる駆け引きのシーン、そして最後見ごたえバッチリの独白&殺されるシーンまでベンの表情に目が釘付け。

特に私がグッときたのは、リチャードとイザベラの別れのキス・シーン!とっても短いシーンであるものの(このシーンでしか彼らのまともな絡みはない)、高揚感があって、2人の愛の深さが(リチャードは他にもちょっかい出していたわりには)滲み出ていてウルウルしました。

Q&AのセッションになんとBenもダイレクターなどと一緒に登場してくれました。ワイン片手に、共演のロリー・キニアと談笑しながら壇上へ…。Q&Aについては、コメント欄に少し書きました。


-----------------------------
かなり同感!のレビュー。でも、ネタバレ含む。
I agree with this review a lot!
But some spoilers!
fallingthroughlife

この方も詳しいレビューを書いてます↓
Rev Stan

Thanks Uraracat for this info!

Comment

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

うららさん

すみません、うららさん!興奮して余計なことを書いてしまいました!
でも、2時間という長さを感じられないほど、あっと言う間で見所いっぱいという気がしますのでどうそご安心を~!

Q&Aでは、そうです。ベンは前髪グルグルやってました。
なんか考えだすと、やりだしちゃうみたいです。でも、今回は以前よりリラックスしてたような。ワインも手伝っかたかな?途中で、靴のひもがほどけてるのを発見して、座りながら前かがみになって結びなおしたりして『何も今やらんでも…』と、思ったりもしましたが(笑)

Rev Stanさんも書いてたので、単なる繰り返しになりますがQ&Aでベンが答えていたのは

『実際の画面を通して見て、現場ではわからなかった、セリフの裏に垣間見れる全体的な情景が感じとることができて面白かった』

今回のリチャード2世は、今まで以上にゲイ的な描きかたをしている点については?の質問に
『それは、彼の要素の一部であるだけで、リチャードの詩的で芸術的な部分と同時に、ボリングブロークのキャラクターとの対比として押し出してみたという感じでしょうか。』

最近のリチャード2世の舞台版(エディ・レドメイン演ずる)を観ましたか?
『観ました。良かったですよ(それほど興奮した様子もなく)。』
どういう風に?
『色んな見せ方がある…ということですね』(あんまり喋りたくなさ気)

そんな感じでした~。

blueivyさん

blueivyさん

お天気云々というのは、私がとにかくダークなトーンを期待していたのがあって、なんだか画面が明るいよな~…という気がしちゃったというだけなのです。(笑)

BBCはヘンリー4世、5世などのこのドラマ群のみならず、とにかくシェイクスピア特集番組が目白おしですね。全然、追えてませんが…。夏には『THE HOUR』も控えているし、楽しみですね。

日本で観られるのはいつ?

一番おいしいところも教えていただいちゃったので、見るのが楽しみのような、知っちゃってからだとどきどきするのか、逆にしないのか・・・。いつも先行レビューの難しいところですね。

でも、そのキスシーン・・・・・う~ぅぅぅん、待ちきれない!

他にRev さんが冒頭に、「Cock の Q&A のときに髪の毛をいじり回していた」というのを見て、はーやさんもそんなようなことをおっしゃっていたので、可笑しくて笑いました。そういえば、The Half の映像でも廊下で髪の毛、指で巻いてたわ(笑) それは、今回はどうだったのですか? ベン、<心、ここにあり>でした?

他の方のレビューで、「作中、クローズアップが多くてベンの強い緑の眼が云々・・・」とありましたので、それも楽しみです。

ゴールド監督の映像センス、私も少し懸念していましたが、やっぱりそうでしたか・・・?「何テイクもしてその中から選んだ」みたいなのも読みました。

ブライズのセバと、パフュームのグル、そしてキリスト(これは"...Some Trace of Her "とも被りますね)。そこに聖セバスチャンが加わったけど、結局、理不尽な目に会い、非業の死を遂げる という構図はやっぱりベンの専売特許なんですね・・・(笑)

クローズアップ、キス・・・・そして一番は終盤の独白が一番たのしみ☆
ともあれ、I can't wai~~~t なのは変りません。(Web にアップされるのを願うのみ)

詳しいレビューありがとうございました。

No title

早速プレビューの報告ありがとうございます。

Rev Stanさんのを読む限り、なんか天気がすごく悪いところで撮った、バックグラウンドはいつもグレーみたいな絵なのかと思いました。そっか、天気はいいのか。そしてキーワードはセバスチャン。

7月のオンエアーらしいですよね。私たちそのころは日本。スカイボックスに入れておいてもらって8月にみることになりそうです。

いやはや楽しみです。

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form