Graham Norton Show (BBC2) 30 June 2012



Qのガジェットについて聞かれて
"I can't say....Ican't say"(言えません…言えないんです)

まだ非公開にしてなきゃいけないらしく、ベン、喉まで出掛かってるのに、ためらってる声に萌。

Thanks Uraracat for this site info!

tumblr_m6m3dd6Kg01qbbxaw.jpg

tumblr_m6m3dk60Xg1qbbxaw.jpg



Comment

うららさん

学術的とも言える解説ありがとうございます。本当に普段のしゃべりも私達を決して裏切らないベン君なので、その構造まで探求したくなってしまいますね。(笑)

基本的に饒舌でないところがたまりません。でも、『(困ったときに、なんとなく格好がつくであろう)コーヒー・テーブル用の本でも買っとけばいいじゃない♪…』なんて再度言われて『それは素晴らしいアイデアです。Cheers! Graham.』なんてサラリと真顔で答えてそうなあたりもほのかな笑いを誘うベン君♪

声を含め、そのトーンや間など彼の全て…全てがポエムだなーと感じずにはいられませんー*

ベンの話し方

Ben さまに萌えさせられる要素はたくさんあるのですが、中でも声というかトーンというかアクセント?

舌と歯がぶつかる発音とか、唇の開きの微妙さからくる発音。(腹式呼吸で喉から出る滑舌のよさというのとはちょっと違った・・・)

私も、この I can't say, I can't say..... にはやられました ♪

あと、最初の方の、 送迎車の運転手を帰した = I sent'im away, sent'im away.....にも ♪♪

話している内容の意味とこの言い方がまた驚くほど合致していて。。。。。

ベンさん、全くもぉもぉ 萌えポイントにはこと欠きません(笑)

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form