Interview: 5 Minutes with Ben Whishaw

from here!

Cloud-Atlas-1.jpg

Is she Ben's Piano Teacher ”Miao-miao”?


Comment

うららさん

ピアノの先生MiaoMiaoについては本人なのかは全く確かではなく、間違ってたらすみません…。この方はロンドン・ブリッジ付近で教えてることは確かなようなのですが。ベンのピアノについては『まあーよくもベンの手元まで映したなー、ティクバ監督』という気がしますが、3ヶ月位は練習したというベンの努力に乾杯!本編でお手並み拝見!すごく楽しみ~♪

数ヶ月前のFourth & Mainと言い、Mr. Porterのインタビューもファッションに絡めたというか、ファッションの方が前面に来てるようなインタビューが続いてますが、なんだかベンに似合ってるんだか、なんだか…っていうものを着せられてる感じで(失礼なっ)、私がピンと来てないだけ?(笑)。あっ、でもGQの花柄系のは良かったな~。

すごく押し出しの良いハンサム系ではないけど、どことなくその時のトレンドに不思議とハマッテしまう…というかベンの持つオーラが普遍で、トレンドなどお構いなしなので…色々とオファーは来るのだろうなあ。実際に色んな男性ファッション誌を見ると、ベンのパーツを散りばめてるような雰囲気の人が本当~に多いなあと最近気がつきました。やはり、ベンはひと粒で何度も美味しいのだ♪

簡潔なインタビュー

記事の紹介ありがとうございます。

ピアノの先生、中国系なのでしょうか。以前、ツイッターで、先生らしき人がつぶやいているのを見つけましたが、名まえをメモってませんでした・・・・

まだ本編を見ていないので何とも言えませんが、ベンのピアノについては誰も何も言っていませんね。批評などでも。(たどたどしさが、痛々しくて ジェントルマンズアグリーメントなのでしょうか・・・笑) ほかの演技部分がそれ以上に素晴らしいから問題ではないのか・・・。(ボンドのQのタイプの手つきには、ベン、自信があったみたいですね)

日本の方が書いているジェームズ・ボンド(http://jamesbond.exblog.jp/17234898) のサイトに、ベンのことが出ていたのですが、「路上でファンに声をかけられることもあまりないみたいです」などと、Mr. Porter のベン言の意味を反対にとっていたのが惜しかったです。(007公式サイトのベンのプロフィールも間違いが多かったし、こうやって、ベンの誤報が出回っていくのはもどかしいです。人気の高まりとともに露出が増えるだけに・・・)

と、古株ファンはぼやく。。。

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form