『The Tempest』@Old Vic 10/07/10

bridgeproject.jpg tempest_oldvic.jpg

Old Vic Theatreで公演中の『The Tempest』を観て来ました。これはThe Bridge Projestという世界7都市(マドリッド、上海、シンガポール、ニューヨークなど)を巡っての公演プロジェクトで、今回はシェイクスピアの『The Tempest(テンペスト=嵐)』『As you like it(お気に召すまま)』の二本を上演。ロンドンがその最終地となっています。

で、私が観たのはとりあえずテンペストのみなのですが、まあ何度も繰り返し上演されているシェイクスピア作品ということで、話そのものよりも、アプローチの仕方、配役、セットなどが見所となるのかなというところですが、今回は舞台監督が、映画アメリカン・ビューティなどの監督としても知られるSam Mendesということが最大の目玉になっています。

tempest_ariel_oldvic.jpg私自身の目玉は、何と言ってもベンが映画・テンペストで演じるアリエルが、舞台ではどのように表現されているのかということだったのですが、今回も男優=アメリカ人俳優、Christian Carmargoの演じるアリエルでした。私はデレク・ジャーマンなどのテンペストでも男優の演じる中性的なアリエルしか見たことないのですが、今回のMr Carmargoのアリエルも同じく中性的なアプローチ、面白い演出のカリスマ性あるアリエルではあったけど、もっとパンチが効いててもいいかな~と思いました。多分、控えめなアプローチのMr.Stephan Dillane演じるプロスペロと均衡を保つ為でしょうか。でも、メタリックな大きな羽根をつけたアリエルはカッコよかったです~☆ミランダを演じたJuliet Rylanceとアリエル役のCarmargoは実際に夫婦とのことで、『As You Like It』ではそれぞれ、ロザリンドとオーランドという恋人同士の役を演じています。

まあ今回も、舞台を観ながらも、いつものように(笑)頭の中ではベンのアリエルがチラチラを駆け巡っていたわけですが、やはり筋からいって『アリエルあっての主役プロスペロ』という感じがいたしますので、映画でのベン=アリエルにさらに期待が持てそうな気がします。ちなみに今回の舞台のアリエルは、それぞれ16小節位ですが、4曲くらい歌ってました~♪上の右側の写真の右がアリエルを演じたChristian Carmargo、その左がミランダを演じたJuliet Rylance。

ariel1.jpg ariel3.jpg
左がBBC製作のテンペストのアリエル。
右の青いのがデレク・ジャーマン監督・テンペストのアリエル。。。で、このアリエルは、なーんとベンのショート『77Beds』のスピリチュアル・ファーザー(神父)役をやったカール・ジョンソンっていう役者さんだった!アリエル同士、意外なところで接点が…関係は全くなくともベッドも共にしたり(笑)。

Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form