"MOJO" @ Harold Pinter Theatre 初日行ってきました

Mojo at Harold Pinter Theatre

観て来ましたっ!ネタバレしない程度に書きます。

Ben、唄ってます!しかも上手!あんなに美声だったなんてっ♪

出演者男性6人のアンサンブルも、いい感じだと思いました。
Colin Morgan…なかなか!本当になかなかです。Rupert Grintも初ステージとはいえ、今ひっぱりだこの実力派Daniel Maysとのテンポ良い掛け合いも堂々としていて、コミカル・センスを発揮してました。

Benに関しては、一筋縄ではいかないヤンチャぶりと、お茶目でダークな色気に目を見張りましたが、時にはもっと突き抜けてイッちゃって欲しい感じも。もうちょっと。回を重ねるごとに変化していくかな?

ドラマ"The HOUR"と全く同じ50年代を背景に、コックニー・アクセントで繰り広げられる、やくざな早口ギャグがわかりずらかったりしましたが、逆に、そんなに可笑しいの?と疑問に思われるところまで、最初から笑う準備をしてるかのような観客に良くも悪くも会場は沸いていて、活気溢れる興奮の初日でありました。

ある種の華やかさやスタイルがあって、まあまあヴィジュアルではあるし、何よりも、Benの奏でるテノール・ヴォイスとともに、フィジカルな見せ場もあり、そんな彼を生で観るのは、とっても貴重な経験。シアワセ~な時間でありました☆


::::::::::


以前のブログに書いたかどうだか、勘違いがありました。
Brendan Coyle演じるMickeyは、Ben演じるBabyのおとーさんじゃないです。

Comment

SPUTNIKさん

うわあー、勢い・体力バッチリですね!

そう!ベンってコミカルな役も魅せてくれます!というか、どんなに繊細な役をやろうとも、どこかに必ず垣間見れる、ベンのコミカル性…というのか、ハートをわしづかみにされる愛らしさ…というのか…ああ言葉にならない(笑)…たまらないです~。

歌も今回は小節ではあるけれど、かなり唄えそうなことを証明しましたし、これからミュージカルもやる話も出てきそうな!?でも、フレディーはちょっとというか、かなり違う気がしますが。単なる噂であってほしい。(笑)

当日券もゲットして、さらなるベンを堪能してくださいね!
感想待っております☆

観ました!

昨日、到着その日に目の下隈りながら駆けつけました。
ベン君コミカルな演技も出来るんだ…と、驚き!
しかも歌も上手い!音程も外れず、ソウルフルな歌声。
サービスシーンも含め、ダンスにもニヤニヤしてしまった。
新たな一面を垣間見れて幸せです。
でも後半はいつもの繊細君発揮してましたね。

…と、ベン君目当てであったにも関わらず
他の役者さん達の熱演も楽しめた一つの要因。
カラッとした下ネタも。(笑
夜に時間が取れたら、当日狙いでまた行こうと思います!

兎に角、生ベン君はいつも通りにキュートでした。
堪能。

うららさん、blueivyさん

脱ぐし、唄うし、踊るし、悪態つきまくるし、叫びながら刀持って暴れるし…でも、時折女の子みたいな上目づかいも。
こんなベンを観たかったああああっていうオンパレードです。

Intermissionもあるので、ちょっと気持ちを整えて後半に臨めるのも、P&Aとは違ってホッと一息、お得感があります。(笑)

前半の前フリがちょっと長いな~、早くベンを出せ~!とも思いましたが、一度登場したら、そんなのは吹き飛びました。とにかく、BenのBabyがあっての舞台には違いないです。

No title

きゃー、本当に期待できそうですね。台詞の多い舞台だし、歌もダンスも?シャツも脱ぐらしい?幸せのお裾分けありがとうございます。

♪♪♪ ☆

おかえりなさ~い!!
早くベンの歌、聴きた~~いィィィ ♪♪♪♪♪(ヴォイストレーニングしたのかな?)

ともあれ、レビューも(比べるのも何ですが、)かの P&A よりははるかに よいと。。。ヨカッタア。。。

何となく出演者の実力も拮抗していそうだし、ホンも、定評あるもののリバイバルだし、安心して観に行けそうです ☆

haaya さん、シアワセ~な時間のおすそ分けありがとう。これであと2ヶ月あまり、更なるこなれた舞台を期待しながら過ごせそう。。。。。
(と、言いながら・・・)
私のブログに挙げたレビューもベンの美声を絶賛 ♪
(ああ~~~、待ちきれない!)笑

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form