ブライアン・メイが映画について語る

フレディー役に決まっていたサシャ バロン-コーエンの降板については
『サシャの強烈な個性が、フレディーを物語る上で障害になりそうに感じ始めてしまったのです。』
(サシャよりもクィーン側の意向によるところが大きかった様子)

サシャが映画のR指定を望んでいた一方で、製作側がPG指定で引っ張ろうとしていたことについては
『全くのデマ。展開による必要性によります』。

フレディーのパーソナルな部分をえがくにあたって難しいことは?
『どこまでで線を引くかが問題であるとは思います。フレディーのみならず、僕達の人生をえがくことでもあるので…。』

from Rollingstone

the workds 020

カウンシルフラット(イギリスの公営住宅)らしき建物をバックに、場所を全く選んでないようでいて、赤い郵便ポストと電話ボックスがしっかりと英国らしさを物語るクイーンらしいショットかな(笑)。

Comment

SPUTNIKさん

ちょっとショックですね。まず、主役交代にはじまり、監督まで替わるなんてよくありそうなことではありますが、最初から作品の方向性が確立してなかったのが丸出しな感じです。もう無理せずに、ボツって欲しい気が。そうこう言ってるうちにベンが主役を降りたりして(笑)。いい方向へぜひとも前進して欲しいですね~。

デクスター・フレッチャー監督が

降板したとの事で、またもや撮影が大幅に送れるとの事らしいですね・・・。
ベン君の「007」撮影スケジュールもあるし、
本当にこの作品が仕上がるのかどうか危うい気配も。

blueivyさん

明けましておめでとうございます!昨年は色々とお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします!

2014年もお互い心身ともに、ベン君から”mojo”を浴びせていただく一年になりそうですね。さらに激しく~。(笑)舞台”mojo”も、ぜひ再び楽しんでくださいね!!

No title

明けましておめでとうございます。今年もいろいろベンさん楽しみなことが多そうですね。でも、何本くらいダブリンまで来るんでしょうか。頑張ってロンドン行きます。

blueivyさん

いまだに『何もベンがフレディーを演じなくってもいいのに…』と、思っておりますが、ベンがこのプロジェクトから何かしらエキサイティングなものを感じとっているという、彼のセンスを信じることにします…☆

もーなんだか、10月位から(ハロウィーン前から!)クリスマスっぽい雰囲気がそこはかとなく始まっていたように思いますので、そこまでクリスマスが来ていても何も感じないほどになってました(笑)。あー、こんな夢のないこと言ってたら、サンタは来てくれなさそう。これから、気分を盛り上げることにしますー♪

みなさま、Have a Happy Holiday Season!!

No title

クイーンのメンバーとSBCの間でうまく行かなかったみたいですよね。とにかく、ピーターモーガンの脚本だからそんなに残念なことにはならないと思うんですけど、またメンバーがいろいろ口出ししたりしたら面倒くさそう。

クリスマス休暇が始まりました。今年もちゃんとサンタ来ますか?家もなんとか来てくれそうです。XBOXは持ってきてくれないけどね。

Happy holidays!

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form