"Suffragette" - Trailer


Suffragette - Trailer No. 1


戦おうー、女性たち!

Comment

SPUTNIKさん

うわー素敵な体験でしたねー!うらやましいー!しかし3時間40分とはっ。一見とっつきにくそうな古典のギリシャ悲劇やシェークスピアなどが愛され続けているのは、いつの世にあっても普遍のテーマが渦巻いているからなのでしょうね。トレーラーでもグイグイ惹きこまれましたが、やっぱり見ごたえがあったのですね♪観たすぎる!!!

古典がわかりやすく現代的にアレンジされていたりすると親しみやすくなるし、これをきっかけに他のも観てみようかなーという気になるので、Bakkaiへも客足を引っ張りそうですねー。でも、私は行けないかも…(泣)しかしながら、ベンがアルメイダの空間でどんな表現を展開するのか…想像は膨らむばかり…。本当にどんな舞台になるのでしょうー☆

楽しみですね〜

旅行中にアイルランドの映画館で予告見ました。
キャリー・マリガンも大好きなので、期待値急上昇!!

今回、アルメイダで「Oresteia」見てきましたよ!
ギリシャ悲劇、英語上演、3時間40分・・と言う三重苦の不安要素(苦笑)で
始まる前は心配でしたが、ものすごく理解しやすく演出されていて
最後まで楽しめました。
第一幕は感情移入してしまって、かなり辛かった。
モニターを多用したり、電光掲示板に劇中での重要な出来事が起こる時間が
リアルタイムで表示されていて、劇中と観客の我々が不思議な一体感を得られる面白い演出もあり、改めてイギリスの芝居の多様には唸ります。

来月からのBakkai、どんな劇評になるかそれも楽しみです。



Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form