'London Spy' episode 3

LS.jpg
images from here!

エピソード3、凄かった!これからもっと凄くなりそう!
作者のTom Rob Smithが記事で言ってた,
目を見張る、ベン独断場の7分間のシーケンス。
多分、あのシーンについて言ってるのでしょう。
これから観る方のために、とりあえず黙っておきます(笑)。

”He’s done something unbelievably believable with it.”
-Tom Rob Smith

Comment

AIさん

毎週、ベンの最新ドラマが楽しめるというのは本当にうれしい限りですね♪
と同時に、AIさんは過去へのベンと初対面できるという醍醐味も!いいなあ。
そんなドラマもあと1話を残すのみ。。。

3話までは、ナゾ、謎だらけのとっちらかり方ながら、あれがどんな風に
料理されて行くのだろう…とすっごくワクワクしてたんですが、
第4話…衝撃的なエンディングでありながら、うーーん、
なんだかつまんない展開になってしまったかなーと。

ミステリーって、トリックとかをはじめ、思わせぶりな展開とかあって
感情が移入しづらい。人間ドラマとしてのダニーとアレックスの関係性を
みたいなものを今さらながら、もっと見てみたかった…と、贅沢なお願い。

アレックスが、あんなこんなでも、生きてるといいなあ。
最後にはダニーの笑顔が見られるといいなあと、エピ5で期待!

旅は継続中です

haaya さん

ベンの姿を追いかけるジャーニーは継続中です!
過去をさかのぼりつつ、タイムリーにLondon Spyを観れる幸せをかみしめながら・・・。
そして最近のベンのいい意味での貫禄というか、役者としての自信が映像などからも感じられる気がしてます。

"STONED"、例の裸にガウン姿がモザイク加工のDVDでして・・・あはは。「You are fired! お前はクビ!」やブライアンに傷つけられたアニタに「Where is ass-hole?(=ブライアン)」と言って、俺が守ってあげるよオーラ満載でこれまた惚れ直し(笑)

London Spy Epi 4も観ました!ラストシーンでまたもや衝撃を受け、最終回で一体どんな展開になるのか・・・と気になりつつ、20代の役を演じるのは最後かもしれないベンの雄姿を待っているところです。

あったかいコメント、本当にありがとうございました☆

AIさん

フレディから、過去にさかのぼり…というのを私も頭の中で回想していて、ワクワクしました。それは、それは、すごいジャーニーでは、ないですかっ!グルヌイユ、キーツ、セバスチャン、リチャード2世、フロビシャー…どれも鮮明に蘇ってきます。ベン・ウィショーという稀有なフィルターを通しての創造物なんだなあと思うと本当にすべてが愛おしい。

"STONED"では、ブライアンに向かって「You are fired! お前はクビ!」って言ったときの可愛い凄みが良かったー。あと、裸のガウン姿…モザイク無しのDVDで観たもんで、ちょっと目のやり場に困りつつ、ジックリ観た…というのを思いだしました。

それでは、まだ観てないLondon Spy エピソード4をこれから観ますー!
もう、ご覧になったかな?それでは、また!

ありがとうございます!

haaya さん

心優しいコメントを本当にありがとうございます!

おっしゃる通りです、フレディに始まり過去にさかのぼってベンの作品を観て
、むしろ心に傷を負った役や切ない役が多く、それがベンの持ち味、 魅力が発揮されており、新たな発見をしまくりでした。いい意味で印象が変わって、さらにベンを好きになっていたのです☆
(グルヌイユ、キーツ、セバスチャン、リチャード2世、フロビシャーなど)

ベンが演じると、その役の人物がまるで実際に存在しているかのごとく観ている私たちに訴えかけてくるエネルギーが感じられて、まさに表現者としても、一人の人間としても、とてもとても深い方なのだろうなと思えてなりません。
「嘘じゃないものに触れ合えるような気がする」に尽きるのです。

インタビューの内容を読んでいても、謙虚でありつつ、常に真摯な姿勢で自分の考えと役や作品に対する思いを伝えるベンに尊敬すら覚えています。

実は、"STONED"だけはほぼタイムリーにDVDを借りて観ていたのに、ベン演じるキースを見逃してしまった私・・・トホホ(苦笑)

こんなまだまだ新米ファンですが、これからもベンのことおしゃべりさせてくださいませ♪

haayaさんをはじめ、うららさん、blueivyさんにもとても感謝しています☆

AIさん

AIさん、はじめまして!ようこそ!
わざわざお越しいただいて、ありがとうございます!

"The Hour"のフレディで、一目ぼれ!と。
あの役は、熱血漢に溢れていて、ベンの中でもかなり変わった
味わいの役だと思うので彼の他の作品を見て、ベンの持ち味、
魅力を発見しまくりなのではないですか?
いい意味で印象が変わっていって、ショックなのでは?

私は最初のころから(すばらしく)風変わりな役者として
ベンを知ってしまったからか、いつも彼には規格外の役を
期待してしまったりする自分がいます。が、結局彼が演じていれば
何でもオーケーなのです。

それというのも、インタビューなどでも判るように、
表現者としても、一人の人間としても、とてもとても深い方なので
彼のどの作品を見ても、嘘じゃないものに触れ合えるような気がするのですね。

あー、お互いベンに出逢えて、よかった、良かった!
これからもどうぞよろしくお願いします☆


うららさん

エピソード3で、(私にとって)なにが一番濃かったって
ゲイティス兄とのキスシーンでしょうか。(言っちゃった)
いいものを観させていただきました。
BBCありがとうございます。

ただ、やっぱり内容の濃さ&ベンの演技に対応しようという
意気込みからか、なんだか変なところに力が入っているというのか
一回ごとにスペシャルゲストを導入したりとか
素敵ではあるけれど、尺を使いすぎてるんじゃ?みたいな
シーンがあったりするなあ、と。

そんなところに労力使うんだったら、うららさんがおっしゃるように
ベン Youth の見納めか~と、こっちは
少しハラハラしてんだから、彼のここぞという場面の照明に気を使えー!
とか思ってしまいます…角度によってはチョット…
っていう時が…(笑)。あー、ファンは勝手だ。

でも、今のところ展開にとても満足しとります。
何が、どう解決していくのか全く見えてないけれど。。。

はじめまして

haayaさま

はじめまして。まだまだ新米ファンのAIと申します。

少し前から、うららさんのブログでとてもお世話になっており、うららさんと同じくず~っとベンを応援し、愛情を注いでおられるhaayaさんのご存在とブログを知り、初めてコメントさせていただいた次第です。

haayaさんのベンを想うコメントもあったかくて本当にいいな~って思っています☆ 当たり前ですが、ベンへの愛情が随所に感じられて・・・。

私は"The Hour"のフレディを観てからベンの凄さに感動して、そこからはもうただただベンの姿を追いかける日々です(笑)
もはや中毒?!

ベン・ウィショーという、役者としても人としても素晴らしい存在をこれからも
応援したいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

PS ちなみにLondon SpyはEpi 3まで観ました。もはや謎が多すぎて展開が読めず、一体どうなってしまうのか???という感じなのですが、ベンの素晴らしさに引き込まれながら、残りのEpisodeを心待ちにしています。

濃いです

本当に濃い!

ベンの演技が濃いので、それと同等なドラマにしようとすると、ああなっちゃうのかな?と思うほどで、私の胃では、消化できず、自分にとって美味しいところだけいただいている感じです。

そうか、デレク・ジャーマンへのオマージュだったのですね、”Blue” の部分 って。

何だか、ベン Youth の見納めか?ということが背後にあるせいか、変なところでハラハラして、楽しめてない自分もいます。

複雑。

こんな気持ちにしてくれるのも、またベン。

目が離せない残り2話を楽しみましょう ♪

pinguさん

やっぱり、あのシーンですよね。ヒリヒリしました。
とーにーかーくっ、ベンを見せたいがための7分間という感じで
美味しいったらないですね。と、同時にそれを受けて立った
ベンの説得力ある表現力。参りました。

プールのシーンも、まあ、BBCったら贅沢にベンを
フューチャーしてくれました。
Blue日和なシーン続出ってことで、
デレク・ジャーマンへのオマージュと来たか…。なるほどぉ。
BBCやりたい放題!

ベンは、3話まで出来ていた脚本を読んで、出演を決めたとのことで
4話以降は、ベンも脚本や制作への参加もしたと、
Tom Rob Smith氏が言ってましたね。
どんな展開になるんだろう。。。
納得の結末を!どうぞよろしくーーー☆

じっちゃんさん

水中バイバイ~♪ 本当にかわいいったらないですね。
あのような動作が似合うのも、これが見納めかなあ。
このドラマが撮影されたのって1年前位なので、
最近のベンの近況写真などを見ると
大人な余裕のある笑みにドッキリしますし。

しかし、このドラマ。謎、ナゾ、なぞだらけ。
あー、あと2話、どうやって落ち着くのか…。見ものです!

ベンの新しい情報を追いかける余力もなく(泣)、
ユルーイ覚え書のようなつぶやきブログですが
どうぞどうぞじっちゃんさんも心おきなく
一緒につぶやきましょうー。
今後ともどうぞよろしくお願いします☆

エピソード3

BBCって凄い! haayaさん。
あのシーン、7分間だったんですね。他の方のreviewを読んでいて「そんなに長かったっけ?」と思いました。   これが、Benの凄さか・・・。
途中、デレク・ジャーマン監督を思わせる(氏へのオマージュ?)話もありのep.3。ゲイティス兄も濃かった。濃いな~、濃すぎないかBBC。

No title

(半分以上意味わからないながら)観ましたっ!
本来ならダメダメなキャラクターなのかもしれないですが、ついダニーに心を寄せて観てしまいます。水中バイバイがかわいかったです。あと2回なのにまったく謎が収束する気配がないのですが、じりじりと来週を待ちます。
一つ前の記事では、短編映画を教えてくださってありがとうございました。ぜひ観てみたいです。楽しみです。
あとウィショー君に会いたくなるとついこちらに来てしまい、ご丁寧なコメントいただいてしまって恐縮です。適当にあしらってくださってぜんぜん構いませんので、これからも遊びに来させてください。

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form