Ben、こんなこと書かれてるぞ

(Title)British Actorsはハリウッドで活躍中だが、コメディファンにとっては、ちょっと信じがたいニューヒーローの出現が。

(前半省略)
そしてベン・ウィショー - コメディファンにとっては、『Nathan Barley』の弱虫Pingu役として、永遠に脳裏に焼きついて離れないであろう…彼が何回キーツを演じたとしても - このたび彼は、アラン・ボール(True Blood, Six Feet Under)によるHBOの新ドラマの主役を演じる。ドラマ『All Signs of Death』は2009年に出版されたCharlie Hustonによる小説を基にしており、ウィショーの役はLA犯罪シーンの掃除人で、被害者の娘と恋に堕ちたりする。Barleyに苛められてたPinguよりは、ずっと肯定的で受け入れやすい設定だ。

http://www.guardian.co.uk/culture/2010/jul/27/ben-whishaw-british-actors-past-roles
《英ガーディアン 27July2010》

ベン新ドラマで、掃除もして、恋もするのか…。
やっぱりベンは、一部の人たちにはまだPinguなのね…。かわいいキャラクターだけど、私もベンとの出会いはPinguだったから、『あのPinguがねー』っていう感覚になるのはわからないでもない(泣笑)。

これだもの…。

Pingu

Comment

うららさん kikoさん

『あのPinguが…』って多くの人が思いつつも、決して否定的な評価ではないはずだと思うのです。まずNathan Barleyの作者はイギリスカルトコメディ界の鬼才Chris Morris氏なので、コメディのできる役者だったら、どんな役でも彼の作品に出たいっ!ってほどの存在で、その彼の作品に、まだ駆け出しのベンが出たっ!ってことは凄いことだと思います。早くも発掘されちゃったって感じでしょうか(笑)最終回なんて、誰の脳裏にも残る、ベン=Pinguの大舞台だったし!Morris氏は、すごい完璧主義らしくひとつひとつの動き、間とかがピンと来るまで何度もやり直したりとかあるらしいので、そこでベンの持ち味もバッチリと生かされたのでしょうね。

前にも言いましたが、昼間は『Pingu』演じながら、夜は舞台『Hamlet』を演じてたベン君。本当にイカしてるわ☆

No title

Pinguのイメージが強いんですね、ベン君。
私の場合『パフューム』でベン君を知って、その後色々調べて
コメディもやることを知ったので。

取り寄せたのも随分あとでしたから、実はベン君にコメディのイメージが
あまりない(苦笑)

どんな風に演じてくれるのか凄~く楽しみ♪

私も

読んだのですが、「ベンが何回キーツを演じたとしても・・・」というところで泣き笑いしました。。。

でも、実際コメディではPingu 的な持ち味を生かすのが一番なのでしょうね。Nathan Barley のパイロット版ではちょっとまた違って『J の悲劇 』のSpud っぽい感じだったのがPingu に昇華したのだもの ♪

うぶでおとぼけ、泣きが入る。。。というのは『トレンチ』に始まり、『Booze Cruise』『Ready When You Are Mr. Mcgill』『レイヤー・ケーキ』『Love Hate』などでも存分に発揮されてますものね。

それほど Pingu がはまり役だったということですね。舞台『Cock』のJohnにしても, 『The Pride』のオリヴァーにしても笑いはたっぷり取っていましたが。。。

Pinguからは6,7年も経っているのだから今なりのコメディをやってくれることを期待☆


Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form