Ben Whishaw in Nathan Barley

Pingu

私がベンという役者に初めて遭遇したのが、このコメディドラマ。
イギリスのChannel4で2005年に放送されました。この時点では、ベンのことは
気になりつつも名前を記憶するまでには至らなかったのに、その数年後、こんなにも
彼にお熱をあげてるなんて。ジワジワくるんですね…Mr. Ben Whishawは。

このドラマはロンドン東部のHoxtonというエリアにある、インディー系メディア会社で
働く人々を軸に、トレンドを追い求める空っぽな業界を皮肉っている。
ベンの役は、主役のNathanの会社で激しくこき使われてそうな、ウェブプログラマーの
Pingu。気が弱くってユルーいオタク=Geekな感じで、私こういうタイプに
弱いらしく、いつもNathanの後ろの方で何やらコンピュータをいじくってるみたいな、
ほんの数秒のPingu登場シーンでも、気がつくとPinguを目で追ってました。
ってゆーか実は、Pingu=Benかなり目立ってる!ベン、かなり美味しい役!

このドラマの作は、イギリスではカルト的な人気を誇る放送作家で俳優でもある
Chris Morrisによることもあって、ベン自身、この作品に出たことを誇っているよう。
そういえば、このドラマの制作中に、ベンはOld Vicでの舞台ハムレット公演中で
目がまわる忙しさで、実際何やってんだかわかんなかったとかっ。
昼間は超脇役Pinguでいたぶられ、夜は4時間近い長丁場の主役Hamletとは!
この何気ない過激ぶりが、本当にベンですね v( ̄∇ ̄)

最終回第6話では、Nathanの仕掛けた悪戯にドッキリしすぎて、いきおいあまって
高いビルの窓から飛び降りちゃうPingu。なんと2度も!
でも、Pinguは親指で着地して、無事命拾い。さすがにコンピュータゲームで
両手の親指だけは、日夜鍛えてるPingu君である。
この地上に落ちたときのポーズは本当に傑作!
私は、これをポスターにして家に飾ろうと思う。そのうちね。


Comment

Re: 軟体ベン

うららさん。

おまけのパイロット版のベンは、ちょっとスタイリッシュな感じもあり、あれも胸キュンですね。やはり、いじめられキャラは本番にも受け継がれてますけど(笑)
あの足首のひねり、私、練習してみたんですけど、あんなにしなやかに?できません~。

Kikoさん。

ようこそ♪ Bright Starで盛り上がってる大切な時に、このドラマの話題をいきなり出してしまってごめんなさい~。なんか、自分の中で『私とベンとの歴史』…と言えるほど長くないのですけど、たはっ…などを思い返し、ついつい書きたくなってしまったのです~。

Bright Starが公開になったら、一緒に映画について盛り上がりましょうね☆

No title

遊びに来ました~。kikoです。

私から見れば驚異的に身体が柔らかいベン君。
凄く硬いんです私。

このドラマはYouTubeで映像を観ただけでDVDを持ってないことに
さっき気づいて注文だしました(苦笑)

最近は頭の中が「Bright Star」でいっぱいで他のことが追いついてない
状況です。

軟体ベン 

いつもベンの足首の曲がり方の角度に驚きます!

どんな構造になってるの?って。。。(笑)

他にも体が柔らかそうだと思わされる写真や映像はよくみますけど、
特に足が内側になりそうなくらいしなる足首に・・・!!!

このドラマは実は私、最初はばかにしてDVDを買うのも大分あとになってからだったのですが、観出したら夢中で観ちゃいました☆(Pingu ってあの極めつけキャラクターになる前、もっと目立たない『Jの悲劇』の大学生っぽいキャラだったみたいですね。DVDにドラマのパイロット版が付いていてそれでみたところ。。。)

イギリス独特の風刺精神と、それが放映できる業界の懐の深さにも瞠目しました、私 ♪♪♪

ベンが作品と作者を好きなのも納得!(ハムレットと同時にやってたというのも、もおベンならではっ!!)

最近観てないから、久しぶりに引っ張り出そうかしら・・・?

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form