Give me women, wine and snuff by John Keats

Give me women, wine and snuff
Until I cry out “hold, enough!”
You may do so sans objection
Till the day of resurrection;
For bless my beard they aye shall be
My beloved Trinity.

女と酒とタバコをくれ。
『もう充分、結構だ!』と叫び出すまで
気前よくしてくれていいんだぜ。
復活のその日まで、
僕の魂を称えてくれるあろう、そいつらは
愛すべき三位一体なのだから。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

キーツ君、ご乱交か。
まさにSex, Drug & Rock'n Rollって感じ。
パロディであるとも評価されている
キーツが20歳の頃に書いた詩。

「俺」っていう一人称が似合うかなとも思ったけど
「僕」にして訳してみました。なんとなく…。
詩の持つリズムを訳に対応させるのって難しい… (^_^;)

hamstead ben


Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form