『Bright Star』 Audition オーディション

Ben Whishaw_Audition

BW: Jane sent me a note with her script saying, ‘I’ve seen some pictures of you and I heard you did Hamlet in London and I think you might be interesting in this role, we should meet.’ I wrote her an e-mail back saying that I loved it, told her what I understood about Keats from the screenplay and that my imagination had sort of been ignited. I wanted to know more. Then we did an audition in London. It was fairly straight forward, accept about 15 minutes in I was reading with an actress who was auditioning for the role of Fanny, and I became utterly convinced that Jane was interested in her and not me and that the whole audition was about this actress. So I remember thinking,‘oh well, fuck it!’ Maybe that’s why I was relaxed or resigned to failure.

ジェインが脚本と共に『あなたの写真を見ました。そしてハムレットを演じたということも聞いています。このキーツの役に興味があったら、お会いしましょう。』というメモを送ってくれました。僕はe-mailで『脚本をとても気に入りました。脚本から受けたキーツの印象、また、その役を自分なりにどういう風に創造していけるか。もっと色々知りたい』といった内容の返事をしました。その後、ロンドンでオーディションがありました。一般的なオーディションで、15分間与えられ、ファニー役にオーディションに来ていた女優と組んでセリフ読みをしました。僕はジェインがその女優の方に興味があるだけで、僕に対してのオーディションではないのだなと思い込んでしまいました。で、こう思いました‘oh well, fuck it!’(あー駄目だ!)。そんな感じだったので、リラックスしてたというか、諦め気分のオーディションでした。

ファニー役にオーディションに来ていた女優:
かなり大物の女優だったらしいとの記事をどこかで読んだ気がします。なので、ベンは自分とはケタ違い?と萎縮してしまったのかも…かわいい。カンピオン監督の作品だから、色んな有名女優さんが来たのでしょうね。キーツ役にしても、カンピオン監督はすごい数の男優をオーディションしたとのことです。

http://screencrave.com/2009-09-23/interview-with-ben-whishaw-and-jane-campion/

上記の写真はオーディションで、ベンがキーツの『When I have fears』を暗誦しているところ。
上記の写真はこちらから

Comment

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form