ベン・ウィショー唄う!! Ben Whishaw Sings!!

Tempest_Ariel_4.jpg

『テイモア監督は、彼女の原点であるミュージカルに基づき、シーンの合間に幾度となく唄を挿入。特筆すべきは、ウィショーのパフォーマンスによる(シェイクスピアの詩に対して)Elliot Goldenthalが曲をつけた『Full fathom five thy father lies』である。』

『Full fathom five thy father lies』というのは、アリエルが、ファーディナンドに対し『君の父アロンゾは海に溺れて、海の一部となっていったよ♪』という、実際は死んでいないアロンゾの事をジョークにして唄ったもの。いたずら好きのアリエル君だ!!

《日本語訳はこんな感じ》
水底深く父は眠る。その骨は今は珊瑚、両の目は今は真珠。
その身はどこも消え果てず、海の力に変えられて今は貴い宝もの。
(松岡和子訳)

↓こちらの記事に全文が載ってます。For the whole article↓
http://www.hollywoodreporter.com/hr/film-reviews/the-tempest-film-review-1004114349.story

* * * * *

"True to her musical origins, Taymor injects several haunting sung interludes, most notably Whishaw's performance of "Full fathom five thy father lies" set to music by Elliot Goldenthal."

Ariel teases Ferdinand by singing this song about how Ferdinand's father - Alonso the king of Naples - has drowned and is being changed into a bit of detritus on the sea bed.

Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;
Nothing of him that doth fade
But doth suffer a sea-change
Into something rich and strange.
Sea-nymphs hourly ring his knell:
Hark! now I hear them, - Ding-dong, bell.

Comment

うららさん

おっしゃるように、ダンス風な動作とかもありそうですね♪

ベン君はピナ・バウシュなどにも実際観に行ったりして、本人もできるものならダンサーになってみたい~なんてインタビューでも言ってたし、ここらでブライトスターでのスコティシュダンスを超えた、そしてあの美しいけど微妙なアカペラ(あれは、ちょっと下手なフリをしていたと信じたい)を超えたっ!パフォーマンスを期待しちゃいましょうね☆

わ~い ♪

うれしいです!

ベンの歌声が聴けるなんて。。。
ずっと待っていました。

『ブライト・スター』のアカペラで一節だけは聴けましたけど、もっと。
I want more ~~!

ベンも歌やダンスの分野は好きみたいなので、そっちの方でもまた違ったパフォーマンスを見せてほしいものですね。

Comment Form

Only the blog author may view the comment.

Trackback


Use trackback on this entry.

Search form